特許取得
東京23区・駅近・低価格帯

当社は「長期的顧客主義」を実践するために投資家目線のアドバイスを行っています

中立的な相談相手がほしい方

無料相談のお申込み

不動産投資、初心者におすすめの勉強法

執筆者:釜田晃利不動産投資コンサルタント

大学で4年間不動産について学び、老舗の投資不動産会社にて区分マンション販売の営業として10年間従事したのち、2015年にストレイトライドで不動産事業をスタートしました。取締役として経営に携わりながら、不動産投資コンサルタントとして営業活動を行っています。高校を卒業してから約15年(2018年1月現在)にわたり、不動産業界一筋で仕事に取り組み、もう不動産しか知らない、不動産のこと以外わからない、そんなキャリアになります。

初回面談で Amazonギフト券
10,000円分をもれなくプレゼント

対象条件

・個人年収500万円以上の方/ご勤務先に2年以上お勤めの方。
・上場企業か、それに準ずる企業(資本金10億円以上)、またはそのグループ会社にお勤めの方、もしくは公務員、医師、弁護士、公認会計士、税理士、看護師、薬剤師として現在お勤めの方。
・ご年齢が40歳未満のお客様で、ご勤務先の名刺と収入証明、及び、身分証明証のご提出が可能な方。
・個別相談会の申込後、2日(48時間)以内に電話対応をいただき、15日以内に面談を行った方。
・弊社オフィス、または都内近郊で打ち合わせを行うことができる方。
・一棟収益物件の所有をしていない方。
・過去に弊社サイトへ会員登録、または各種ポータルサイトからのお問合せを行ったことがない方。
・弊社業務提携金融機関の基準を満たす方。

※上記条件に対する不備、不正、虚偽、重複、いたずら、なりすまし、面談キャンセル、明らかに不動産購入の意思が無い方、キャンペーン以外からのお申し込みに該当する場合は獲得対象となりませんので予めご了承ください。
※お名刺のご用意が難しいお客様は、電話ご確認時にお申し付けください。

期間

先着20名様へ amazonギフト券の配布が完了するまでの間。

※本プロモーションはストレイトライド株式会社による提供です。 本件についてのお問い合わせは Amazon ではお受けしておりません。当サイトのお問い合わせフォームまでお願いいたします。 2. Amazon、Amazon.co.jp およびそれらのロゴは Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

amazonギフト券 お申し込みはこちら

これから不動産投資をしたいと思っている方の中には、「初心者なので基礎知識から身につけたい」と思っている方や、「なにから勉強すればいいのかわからない」と思っている方がいらっしゃると思います。

不動産投資の対象物件は、数百万円台のワンルーム物件から億単位の一棟物件まで様々で、投資の手法もひとつではありません。

あらゆる投資に共通して言えることですが、リスクのない投資はありません。不動産投資に成功するためには、いきなり物件探しを始めるのではなく、事前に勉強して必要な知識を身につけておくことが大切です。

今回は、不動産投資の具体的な勉強方法と手順を、準備編と実践編に分けてわかりやすく説明していきます。

幅広く情報を収集して準備する

不動産投資の勉強の第一歩として、まずは不動産投資の仕組みを知り、聞きなれない専門用語の意味を調べることからはじめましょう

不動産投資は物件探しの段階から利回り管理修繕積立費サブリース契約などといった専門的な単語が頻出します。基本的な専門用語を把握しておくことは不動産投資では必要不可欠です。

参考記事:知ってためになる不動産用語 - 不動産投資家への第一歩 -

また、不動産投資には、一棟アパート、区分マンション、築年数が古い物件や新築物件、木造やRC(鉄筋コンクリート造)など、物件の種類投資手法は様々です。

良い物件を見つけ購入する段階でも、ローンの支払方法物件にかかる税金など知っておかなければならない事は多くあります。

それらの違いと投資の手法の特徴について、できるだけたくさんの情報に触れることを意識しながら勉強していきましょう。

情報を集める手段にはいろいろありますが、主な方法はインターネット書籍の2つです。

インターネットの活用

①初心者向けの記事が豊富に存在する、不動産投資の情報サイトを読む

インターネットで不動産投資について検索すると、膨大な数の情報サイトがヒットします。

誰もが閲覧できるこうしたサイトは初心者にもわかりやすく書かれているものが多く、知りたい情報を手っ取り早く手に入れることができます。

物件の種類や投資のタイプ別に、基礎知識から専門的なことまで丁寧にまとめられたサイトや、動画で解説しているものもありますので、気になるサイトを見つけたらブックマークして読み込んでみましょう。

見出しからしていかにも難しそうなサイトに触れても、理解するまで時間がかかり非効率です。まずは初心者向けサイトを読み込んでいくと、当初は意味が分からなかった専門的なサイトの内容も徐々に理解することができるようになります。

また、最近はスマホで簡単に投資物件が検索できる不動産投資アプリも増えていますので、物件情報に関しては入手しやすくなっています。

②投資家のブログを読み、成功談だけでなく失敗談も参考にする

実際に投資をおこなっている投資家が発信するリアルな情報は、初心者から上級者まで多くの方にとって参考になると思います。

投資に成功して収益をあげている人の成功談、または失敗談を知ることは勉強になりますし、業者選びの基準自己資金の額どのような物件を選んだかといった情報はこれから不動産投資を始める人にとって有用な情報となるでしょう。

インターネットによる情報収集の注意点

インターネット上の情報は誰も簡単に入手できるというメリットがある一方で、すべての情報が正確なものであるとは限らないというデメリットもあります。

必ずしも最新の情報や正確な知識が得られるわけではないということを理解したうえで、豊富な情報に触れながら多面的な視点を養うことが大切です。

また、専門用語や基礎知識以外で、内容によってはそのまま参考にするのは注意が必要なものがあります。法律の改正や利率の変化が反映されるローン関係の情報についてはご注意ください

書籍を読む

不動産投資に関連する書籍は、投資の手法や種類に応じて多種多様なものが発売されています。

はじめに身につけるべき基礎知識について書かれている初心者向けのものもあれば、キャッシュフロー戦略や法的知識に重点を置いた専門的なものまであります。

インターネットで仕入れた情報をもう少し掘り下げたい時など、知りたい内容についてピンポイントで知識を深めることができるのは書籍の大きなメリットです。

アマゾンなどで不動産投資本を検索すると、レビューの評価が高い書籍がたくさん売られています。不動産の専門家や投資家が著した書籍はわかりやすくまとめられているので、独学でも多くの知識が得られるでしょう。

初心者の場合は基礎知識が丁寧に解説されている入門書や教科書のような本から読んでみるのがおすすめです。また、書店で表紙を見て読みやすそうな本を探したり、レビューを参考にして自分に合った本を選ぶのも良いでしょう。

参考記事:不動産投資の必読書!初心者向けの書籍3冊をご紹介

情報収集のコツ

インターネットで幅広い情報を得てから、書籍で知識を深めるという勉強方法はとても効果的ですが、注意しておきたいのは不動産投資における情報の中には家賃の相場や金融情勢など、時代とともに変化していくものもあるということです。

経済情勢による金利の変化や税金や控除に関わる法律の改正など、当時の観点や判断軸を現在にそのまま移行すると齟齬が生じる情報があります。そのため、情報収集は一度でやめてしまわずこまめにおこなう必要があります。

準備編のまとめ - 情報が多いほど、判断の助けになる

不動産業者のサイトや専門家による書籍から集めた情報が多いほど、他の情報と比較しやすくなり、有益な情報の見極めや判断ができるようになってきます。

自分がどんな物件を購入しどのように投資を進めていきたいか、方針を固めるためにも情報はどんどん取り込んでいきましょう。

たとえば、あるサイトで不動産投資に「新築マンション」をすすめる一方で「中古マンション」をおすすめするサイトもあります。これはそれぞれのメリットに基づいた推奨のため、どちらかが正しく、一方が間違いというものではありません。相互のメリット・デメリットを確認した上で自分の投資の方針に適したものを選び取る必要があるのです。

メルマガ登録をしてリアルタイムの情報を掴むことや、新しく出版された書籍をチェックするなど、情報源を一点に絞らず、常に最新情報を意識しましょう。

実践編 ~セミナー受講と物件選び

不動産投資の勉強はインプットが基本ですが、セミナーに行ってみたり、や物件選びで業者とコンタクトを取る、文字通り「外に出る」ことも大事です。

実践として主な2点がセミナー受講物件選びです。

不動産投資セミナーを受講する - 有効に活用する

インターネットでの情報収集や書籍である程度の知識を身につけたあとは、不動産投資のスタートに向けた実践的なステップへと進みます。

セミナーの受講は、独学よりも充実した情報や知識が得られて収穫が多い勉強法です。

不動産投資セミナーには初心者向け、中級・上級者向け、女性向け、地域別などの種類があり、それぞれの種類に応じて不動産のプロが投資の知識をレクチャーします。

セミナー受講の魅力
  • 効率が良い
    自分の目的に沿ったセミナーを選ぶことで、効率よく情報を取得し理解を深めることができます。同じ目的の仲間と知り合い、情報共有をできるチャンスもあります。
  • 理解が深まる
    独学で身に着けるには難しい融資、資金計画も専門家によるアドバイスを受けられるので、現状で自分が実現できる投資をより具体的にイメージできます。現在の自己資金でできること・できないことを明確にすることは、不動産投資で物件を選定する中での効率化にもつなげられます。

受講の際は、質問や不安なことがある場合は事前にまとめておくと安心です。個別相談会なども積極的に利用して疑問や不安を解消していきましょう。

2つのステップを怠りなく、物件を選ぶ

ステップ①:投資の照準を絞り込む

インターネットや書籍による情報収集からセミナー受講と勉強を進めたら、いよいよ投資物件の絞り込みをはじめます。実際の物件を見に行く前に、まずはインターネットで検索してどのような物件がどのような価格で販売されているのかをリサーチしておきましょう。

投資物件のサイトで、目的の物件があるエリアの家賃相場周辺環境などを確認することも大切です。

ステップ②:物件見学に行く

気になる物件を絞り込んだら、資料請求をして実際に物件を見に行きます。自分の足で出向き、自分の目で確かめることで、インターネットの情報だけではわからないことがわかります。たとえば日当たりや周辺の騒音などは、文字で記載されている情報だけでは見えない部分です。

百聞は一見に如かず、は物件選びにも当てはまります。その土地の情報や口コミはインターネットでも充分手に入りますが、住人層や環境など、訪れて直接感じることで得られる情報は重要です。物件見学をするときは、建物の外観や室内だけを見るのではなく、交通や周辺施設も含めて総合的にチェックしましょう。

どんなに気に入った物件でも、収益性や資産性、立地や家賃など、トータルで検討した時に投資物件として適していない場合、購入するわけにはいきません。物件を見極める練習や相場観を掴む勉強の一環として、たくさんの物件を見学して見慣れておきましょう。

参考記事:マンション投資で成功する物件の選び方

実践編・追加ステップ - 物件購入後にも勉強を続けよう

投資前の勉強不足はもちろんですが、物件を購入したらそれで終わりだと思ってしまうことも失敗のリスクを高める要因となります。

不動産投資とは不動産経営であり、物件を購入したら完結するのではなく、不動産の経営や、物件を購入した後にスタートします。空室や家賃滞納、修繕、家賃の下落や災害のリスクなど、あらゆるリスクについて知識がないままでは、こうしたトラブルが起きたときに適切に対処することができません。

不動産投資が長期投資であり、即時に収益や結果が得られるタイプの投資ではありません。購入後、自分の手元にある資産がいくら出入りするのか、長期に渡る見通しを立てるために必要な知識があります。

物件を購入した後は、その物件で長期において収益を出し続けていくために、不動産投資に関する最新情報を集めたり、投資家仲間との勉強会、セミナーに参加するなどして勉強を続けていきましょう。セミナーや勉強会を通して信頼できる専門家との人脈を築いておくと、情報交換や相談ができるので心強いと思います。

まとめ

今回は不動産投資の勉強についてまとめてみました。

何冊本を読んだらいいのか、どのくらいの期間勉強したらいいのかという明確な指針がないので不安があるかもしれませんが、インターネットと書籍による情報収集、セミナー受講、物件の絞り込みと現地見学、という流れで無駄なく勉強していけば必要な知識を身につけることができるでしょう。

不動産投資の失敗の原因としてもっとも多いのが、知識不足・勉強不足で、準備段階の情報収集を怠ると、収益どころか赤字が出てしまうリスクが発生します。

独学である程度の知識をつけてから専門家のアドバイスを受けると、理解が深まり選択肢も増えるので明確な目標を立てやすくなります。

失敗を回避して長期的に収益を出すためには、物件購入の前にも後にもしっかり勉強をして判断力を身につけることが大切です。勉強の中で不動産投資に関わるご不明点、自分自身の投資の方針をどう立てていけばいいのか、など調べただけでは判然としないことは多いと思います。そんな時はお気軽にTOKYOリスタイルのコンサルタントにご相談ください。現在の自己資産や目的に応じたアドバイスでお応えし、あなたの投資活動の一助となります。

初回面談で Amazonギフト券
10,000円分をもれなくプレゼント

対象条件

・個人年収500万円以上の方/ご勤務先に2年以上お勤めの方。
・上場企業か、それに準ずる企業(資本金10億円以上)、またはそのグループ会社にお勤めの方、もしくは公務員、医師、弁護士、公認会計士、税理士、看護師、薬剤師として現在お勤めの方。
・ご年齢が40歳未満のお客様で、ご勤務先の名刺と収入証明、及び、身分証明証のご提出が可能な方。
・個別相談会の申込後、2日(48時間)以内に電話対応をいただき、15日以内に面談を行った方。
・弊社オフィス、または都内近郊で打ち合わせを行うことができる方。
・一棟収益物件の所有をしていない方。
・過去に弊社サイトへ会員登録、または各種ポータルサイトからのお問合せを行ったことがない方。
・弊社業務提携金融機関の基準を満たす方。

※上記条件に対する不備、不正、虚偽、重複、いたずら、なりすまし、面談キャンセル、明らかに不動産購入の意思が無い方、キャンペーン以外からのお申し込みに該当する場合は獲得対象となりませんので予めご了承ください。
※お名刺のご用意が難しいお客様は、電話ご確認時にお申し付けください。

期間

先着20名様へ amazonギフト券の配布が完了するまでの間。

※本プロモーションはストレイトライド株式会社による提供です。 本件についてのお問い合わせは Amazon ではお受けしておりません。当サイトのお問い合わせフォームまでお願いいたします。 2. Amazon、Amazon.co.jp およびそれらのロゴは Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

amazonギフト券 お申し込みはこちら

関連記事

不動産投資の「プロの目利き」を数値化! 無料会員登録で収益物件の独自分析データをご提供

会員登録の3つのメリット(完全無料)

  1. 数値化した「プロの目利き」データがわかる
    収益性・安定性・リスク回避性の分析システム「MIKATA(ミカタ)イズム™」を利用できます。
  2. 非公開物件を閲覧できる
    Webサイトで公開している物件はごく一部。ネットでは探せない非公開物件情報をご紹介します。
  3. 最新の物件情報を受け取れる
    良い物件を見つけるのはスピードが命。最新の物件情報をいち早くメールでお届けします。
今なら無料プレゼント!業界歴16年間の集大成、現役不動産営業が語る、『間違いだらけの不動産投資』電子書籍(PDF)を無料ダウンロードできます。 今なら電子書籍(PDF)を無料プレゼント!
詳しくはこちら

無料相談も受け付けています

不動産投資初心者の方、中立的な相談相手が欲しい方には、無料相談も受け付けています。経験豊富な不動産投資コンサルタントが投資家目線で課題をヒアリングし、中立的な観点でアドバイスを行います。

※不動産投資で成功するためのアドバイスですので、お客様の状況によっては不動産投資をあきらめていただくようおすすめする場合もございます。あらかじめご了承ください。

休日・平日の朝や夜の時間帯でも可能です。
お申込みフォームへ

気になる物件等ございましたら、弊社でもご紹介可能です。
今後の運用方法にお悩み中の方、売却や相続もお気軽にご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「プロの目利き」を数値化!無料会員登録で収益物件の独自分析データをご提供

会員登録の3つのメリット
(完全無料)

  1. 数値化した「プロの目利き」データがわかる
  2. 非公開物件を閲覧できる
  3. 最新の物件情報を受け取れる
今なら電子書籍(PDF)を無料プレゼント! 詳しくはこちら

無料相談のお申込み

休日・平日の朝活時間帯・夜も開催中

投資家目線で課題をヒアリングし中立的な観点でアドバイスを行います。

お申込みフォームへ