投資家目線でアドバイス 特許取得 東京23区・駅近・低価格帯
業界最速の物件情報!30分毎に更新中 ▶

「不動産投資はやめとけ」は本当?その理由を徹底解説!

執筆者:釜田晃利不動産投資コンサルタント

老舗不動産投資会社にて投資用区分マンションの営業マンとして約10年間従事したのち、2015年にストレイトライド株式会社にて不動産事業をスタートしました。現在は取締役として会社経営に携わりながら、コンサルタントとしてもお客様へ最適な投資プランの提案をしています。
過去の経験と実績をもとに、お客様としっかりと向き合い、ご希望以上の提案が出来るよう心がけています。

初回面談で Amazonギフト券
10,000円分をもれなくプレゼント

amazonギフト券 お申し込みはこちら

対象条件

・個人年収550万円以上の方/ご勤務先に2年以上お勤めの方。
・上場企業か、それに準ずる企業(資本金10億円以上)、またはそのグループ会社にお勤めの方、もしくは公務員、医師、弁護士、公認会計士、税理士、看護師、薬剤師として現在お勤めの方。
・ご年齢が50歳未満のお客様で、ご勤務先の名刺と収入証明、及び、身分証明証のご提出が可能な方。
・個別相談会の申込後、2日(48時間)以内に電話対応をいただき、15日以内に面談を行った方。
・弊社オフィス、または都内近郊で打ち合わせを行うことができる方。
・一棟収益物件の所有をしていない方。
・過去に弊社サイトへ会員登録、または各種ポータルサイトからのお問合せを行ったことがない方。
・弊社業務提携金融機関の基準を満たす方。

※上記条件に対する不備、不正、虚偽、重複、いたずら、なりすまし、面談キャンセル、明らかに不動産購入の意思が無い方、キャンペーン以外からのお申し込みに該当する場合は獲得対象となりませんので予めご了承ください。
※お名刺のご用意が難しいお客様は、電話ご確認時にお申し付けください。
※ギフト券はご面談日を起点とし翌月末日以降のお渡しとなります。

期間

先着20名様へ amazonギフト券の配布が完了するまでの間。

※本プロモーションはストレイトライド株式会社による提供です。 本件についてのお問い合わせは Amazon ではお受けしておりません。当サイトのお問い合わせフォームまでお願いいたします。 2. Amazon、Amazon.co.jp およびそれらのロゴは Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

不動産投資を検討されている方や、既に投資用物件を購入したことのある方の中には、「不動産投資はやめた方がいいんじゃない?」「なんか怖いから、やめとけ」と、知り合いや家族から言われたことがある人もいらっしゃるのでは無いでしょうか?

実際、これまで私がお会いしたお客様の中にも、本人は始めたいと思っているのに、ご家族や奥さんに反対されて断念した、という方も何名か見てきました。

確かに、不動産投資は金額も大きく、借入という手法によって自己資金にレバレッジをかけていく投資体系ですから、一見すると「怖い」といったマイナスなイメージがあるのかもしれません。

一方で、不動産はしっかりとそれらのリスクを理解し、対策を打つことで、かなりのリスクを軽減することが可能でもあります。株式やFXの場合、市場を変えることが出来ない以上、自身でリスクを減らすために出来ることはほとんど無いと言っても過言では無いですが、不動産投資の場合には場所も選べますし、リフォームをすれば家賃をあげられるなど、もはや事業と言っても良いほどの主体性のある投資と言えます。

そこで本記事では、身内や知人・友人から「不動産投資はやめとけ」と言われた方に向けて、怖いと思われている理由を一つずづ解説し、「本当は不動産投資は怖くないんだ」ということをお伝えしたいと思います。

「やめとけ」と言われる理由

それでは、なぜ不動産投資をやったことの無い方の中に「やめた方が良い」という考えを持っている方がいるのかについて、解説をしていきたいと思います。

不動産投資に反対する理由としては、大きく以下の理由が考えられます。

  1. 借金が怖い
  2. 思ったより利益が出ない
  3. 空室になるのが怖い
  4. 営業マンへの不信感

理由①:借金が怖い

不動産投資に反対する最大の理由の一つに「借金をするのが怖い」という意見が存在します。確かに、住宅ローンを除いてこれだけの金額を借入することはほとんどの場合ないですし、なにか問題が起きたら自分の給料だけで賄えない、破産するのではないか、という気持ちも充分分かります。

また、日本人の多くが「借金は怖いものだ」と認識していることも、大きなマイナスイメージに繋がっていることは否定できないでしょう。ましてや、自分が住むわけでもない物件を、借入をしてまで買うのか、という疑問を持たれる方もいらっしゃることかと思います。

ここでまず結論から言うと、「やり方さえ間違えなければ、借入は怖いものでは無い」ということです。

確かに、不動産投資の中にも色々な種類があり、かなりリスクの高い商品があるのも事実でしょう。ネットやニュースで話題になる不動産投資の失敗した人の多くは、身の丈に合わない無茶な投資をしてしまったのが原因です。

一方で、自身の年収や自己資金に見合ったローン計画であれば、基本的には破産など、最悪のケースに陥ることは無いと言っても良いでしょう。

さらに、投資用不動産の場合「自分が住んでいないからこそ」メリットを享受できるのです。というのも、自身が購入した物件に住んでいても、一円たりともお金が入ってくることはありません。逆に、その物件を誰かに貸している場合には、毎月入ってくる家賃でローンの返済をする訳です。言い換えれば、「自分の代わりに入居者がローンを支払ってくれる」ということになります。

このように、自身の年収や自己資金に見合ったローン計画は非常に堅実で、さらにローンは入居者が払ってくれている訳ですから、それほど怖いものではないということはりかいして頂ければと思います。

参考記事:不動産投資の強み?レバレッジのメリットとデメリットとは?

理由②:思ったより利益が出ない

不動産投資を知らない方が反対する理由の2つ目は、「思ったより利益が出ないから」という点が挙げられます。

例えば区分マンションの場合、フルローンで融資を組んだ場合の毎月のCFは+5,000円~10,000円くらい出ればかなり良い方です。なにしろ、自己資金をほとんど使っていないので、毎月の返済額が大きくなるのは当然かと思います。

しかしながら、この「利益が出ない」という意見は、不動産投資に反対する理由としては非常に根拠が薄いと言っても差し支えないと思います。というのも、そもそも不動産投資とは「今、目の前の利益」を得るためではなく、「数十年後の不労所得」を得るための投資手法なのです。

もし今すぐに利益が欲しいのであれば、株式やFXなど、よりハイリスクな投資を行うべきでしょう。不動産投資はよく「ミドルリスクミドルリターン」と言われますが、その言葉の表す通り、リスクをなるべく抑えることが可能です。

低いリスクで、毎月CFを出しながら、数十年後に不労所得を得る、というのが不動産投資の最大の特徴であり、メリットなのです。

理由③:空室になるのが怖い

不動産投資に反対する人の中で、この空室リスクを懸念する方はかなり多いです。確かに、不動産投資を行っていくうえで最も分かりやすい失敗というのは「空室が埋まらない」ということにあるでしょう。

また、以前かぼちゃの馬車の事件が発覚した時も、「地方から出てきた若い女性をターゲットにして、シェアハウスを運営する」というコンセプトに基づいて作られた物件が、ふたを開けてみたらほとんど空室だった、というニュースが大きく報道されたこともありました。このように、物件や場所を間違えれば、全く入居者がつかないというリスクもあるかもしれません。

理由②でも書いた通り、やり方さえ間違えなければ不動産投資はそれほどリスクが高いわけではありません。目の前のCFに気を取られ、地方の駅からかなり外れた場所にある物件などを掴んでしまうと、やはり空室リスクに悩まされることとなるでしょう。

一方で、東京23区の駅近物件など、確固たる賃貸ニーズのあるエリアの物件であれば、ずっと空室が続くということはほとんどないと言っても過言ではないでしょう。実際弊社で管理している物件であっても、入居者が退去する前の事前募集の段階で、複数申し込みが入ることもよくあるほどです。

このように、不動産投資はエリアと、物さえ間違えなければ、空室リスクは恐れるに足らないということは理解してもらえればと思います。

理由④:営業マンへの不信感

不動産投資を怖いと感じる方の中には、営業マンへの漠然とした不安や不信感を抱いている方もいると思います。

ここ最近、ニュースなどで話題になりましたが、営業マンがお客さんの自宅に無理やり乗り込んで、契約をするまで帰らず、恫喝した、といったケースもありました。そこまで酷い営業では無いにせよ、まだまだ営業マンに対する不信感のようなものは、あるのかも知れません。

目の前の営業マンが信頼できるに足る存在であるか、については、やはり会話の中で見抜いていく必要があるでしょう。例えば、不動産に関する業界の話や、マンションの相場など、細かい質問をいくつかしてみて、真摯に向き合って答えようとする営業マンであれば、仕事にも責任を持って取り組んでくれることでしょう。

一方で、笑いでごまかしたり、めんどくさそうな素振りをする営業マンであれば、当然のことながら信頼性に欠けると言えるでしょう。

営業マンの選択は、その後の不動産投資生活にダイレクトに影響することは間違いありません。良い営業マンであれば、自身のニーズに合った納得のできる提案をしてくれるからです。

弊社では、投資用不動産を熟知した投資コンサルタントが、中立な立場から皆さんの不動産投資にアドバイスをさせて頂いております。不動産のことで相談できる人がいない、という方は、是非弊社にお問い合わせ下さい。

まとめ

ここまで、不動産投資が怖いと考えられている理由について、一つずつ解説をしてきました。確かに、借入や空室リスクなど、一般的に不安なイメージを持たれていることは事実でしょう。

一方で、上述の通り、不動産投資は「やり方さえ間違えなければ」それほど怖い投資ではないのです。むしろ、長期的にコツコツと資産を形成していける、堅実な投資手法であるといっても良いくらいです。

これは全ての投資に共通して言えることですが、しっかりとリスクを理解して始めることが最も重要なことであると思います。不動産投資をしっかりと理解し、着実に資産を形成できるようにしていきましょう。

初回面談で Amazonギフト券
10,000円分をもれなくプレゼント

amazonギフト券 お申し込みはこちら

対象条件

・個人年収550万円以上の方/ご勤務先に2年以上お勤めの方。
・上場企業か、それに準ずる企業(資本金10億円以上)、またはそのグループ会社にお勤めの方、もしくは公務員、医師、弁護士、公認会計士、税理士、看護師、薬剤師として現在お勤めの方。
・ご年齢が50歳未満のお客様で、ご勤務先の名刺と収入証明、及び、身分証明証のご提出が可能な方。
・個別相談会の申込後、2日(48時間)以内に電話対応をいただき、15日以内に面談を行った方。
・弊社オフィス、または都内近郊で打ち合わせを行うことができる方。
・一棟収益物件の所有をしていない方。
・過去に弊社サイトへ会員登録、または各種ポータルサイトからのお問合せを行ったことがない方。
・弊社業務提携金融機関の基準を満たす方。

※上記条件に対する不備、不正、虚偽、重複、いたずら、なりすまし、面談キャンセル、明らかに不動産購入の意思が無い方、キャンペーン以外からのお申し込みに該当する場合は獲得対象となりませんので予めご了承ください。
※お名刺のご用意が難しいお客様は、電話ご確認時にお申し付けください。
※ギフト券はご面談日を起点とし翌月末日以降のお渡しとなります。

期間

先着20名様へ amazonギフト券の配布が完了するまでの間。

※本プロモーションはストレイトライド株式会社による提供です。 本件についてのお問い合わせは Amazon ではお受けしておりません。当サイトのお問い合わせフォームまでお願いいたします。 2. Amazon、Amazon.co.jp およびそれらのロゴは Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

関連記事

はてブ 送る Pocket

会員登録後にマイページトップから
すぐにお読みいただけます。

会員登録してダウンロード(無料)

経験豊富なコンサルタントが
投資家目線で課題をヒアリングし、
中立の観点でアドバイスを行います。

不動産投資で成功するためのアドバイスですので、お客様のご状況によっては不動産投資をあきらめていただくようおすすめする場合もございます。あらかじめご了承ください。

初回面談で Amazonギフト券
10,000円分をもれなくプレゼント

対象条件
・個人年収550万円以上の方/ご勤務先に2年以上お勤めの方。・上場企業か、それに準ずる企業(資本金10億円以上)、またはそのグループ会社にお勤めの方、もしくは公務員、医師、弁護士、公認会計士、税理士、看護師、薬剤師として現在お勤めの方。・ご年齢が50歳未満のお客様で、ご勤務先の名刺と収入証明、及び、身分証明証のご提出が可能な方。・個別相談会の申込後、2日(48時間)以内に電話対応をいただき、15日以内に面談を行った方。・弊社オフィス、または都内近郊で打ち合わせを行うことができる方。・一棟収益物件の所有をしていない方。・過去に弊社サイトへ会員登録、または各種ポータルサイトからのお問合せを行ったことがない方。・弊社業務提携金融機関の基準を満たす方。
※上記条件に対する不備、不正、虚偽、重複、いたずら、なりすまし、面談キャンセル、明らかに不動産購入の意思が無い方、キャンペーン以外からのお申し込みに該当する場合は獲得対象となりませんので予めご了承ください。※お名刺のご用意が難しいお客様は、電話ご確認時にお申し付けください。※ギフト券はご面談日を起点とし翌月末日以降のお渡しとなります。

期間 先着20名様へ amazonギフト券の配布が完了するまでの間。
※本プロモーションはストレイトライド株式会社による提供です。 本件についてのお問い合わせは Amazon ではお受けしておりません。当サイトのお問い合わせフォームまでお願いいたします。2. Amazon、Amazon.co.jp およびそれらのロゴは Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

お申し込みはこちら