不動産投資を
投資家目線でアドバイス

特許取得東京23区・駅近・低価格帯

30分ごとに更新中 4000件を超える新着物件 物件一覧はこちら

知っておきたい「エクセレント」基本情報

エクセレントシリーズは、新日本建設(株)が供給するマンションブランドです。同社は主に共同住宅やオフィスビルの建設・開発事業を展開しています。千葉市の幕張メッセ国際会議場、Jリーグの「ジェフユナイテッド市原・千葉」のホームスタジアムの建設プロジェクトに参画するなど、さまざまな分野に関連する建築に携わる実績のある企業です。

この記事では、「エクセレント」シリーズと新日本建設(株)、同シリーズのマンション管理を行う(株)新日本コミュニティについてご紹介していきます。

新日本建設(株)の企業情報

新日本建設(株)の会社概要は以下の通りです。

社名 新日本建設株式会社 (SHINNIHON CORPORATION)
所在地 〒261-0021 千葉県千葉市美浜区ひび野一丁目4番3 新日本ビル
代表取締役社長 髙見 克司
設立年月日 1964年10月16日(創業1923年4月)
資本金 36億6539万円(2021年4月現在)
売上高 1,017億8,500万円(2021年3月期)
事業内容 ○建設事業 共同住宅、官公庁、ホテル、オフィスビル、ショッピングセンター、店舗、病院・福祉施設、工場の建設
○開発事業 マンション・一戸建ての分譲、賃貸、商業施設・オフィス・倉庫等の企画開発事業

引用新日本建設株式会社ホームページ

同社は1923年に創業し、皇居吹上御所や帝国ホテルといった数々の日本建築を手掛けてきました。
1964年に同社前身となる金鋼工務店を設立し、1972年に現在の新日本建設(株)に商号を変更します。
その後も着実に成長を続け、2002年には東京証券取引所市場第一部に上場を果たすなど、建設事業と開発事業の双方を併せ持つ、建設総合デベロッパーとして着実に歩みを進めてきました。

同社の特徴は、そのビジネスモデルである「自社製販一貫体制」にあります。
好立地を得るための開発力、品質の高い安心安全な建築を実現する設計・施工力、お客様のニーズに対応する販売力、そして丁寧なアフターサービスに至るまですべて自社で行っていることが強みです。
強みを活かした事業展開を継続することで、2020年の首都圏マンション供給戸数は1,232戸で6位(不動産経済研究所調べ)、2021年3月期の売上1,000億円達成といった成果につなげています。

エクセレントシリーズとは?

「エクセレント」は、1994年の初弾「エクセレント千葉都町」の供給を皮切りに、これまでに首都圏を中心に235棟・10,000戸超の分譲実績(2020年12月末時点)があります。

エクセレントシリーズは、建物の仕様・コンセプトごとに「エクセレント」「エクセレントプレイス」「エクセレントスクエア」と複数のブランドにわけるマルチブランディング戦略を展開してきました。しかし、2015年以降は主力ブランドである「エクセレントシティ」に一本化して分譲マンションを供給しています。

ブランドポリシーでは、「住まいがお客様の幸せを育む空間となり、『エクセレントマイライフ』を実現できる場所」を実現すべく質の高い住まいづくりを標榜。このポリシーを実現するために同ブランドが注力しているのが以下の4つのこだわりです。

  1. ①自社一貫システムALLing
  2. ②「設計変更プラン」EXCELLENT PLANNING
  3. ③検査体制EXCELLENT QUALITY
  4. ④アフターサービス体制EXCELLENT SUPPORT

ここから上記のポイントを詳しく解説します。

①自社一貫システムALLing

「自社一貫システムALL-ing」とは、住まいづくりのすべての工程を自社で一括管理する仕組みを指します。この事業スキームを導入することで、プロジェクト進行過程におけるコストをカットしつつ、高品質な住まいを実現するために必要な柔軟な計画変更に臨機応変かつ迅速な対応することを実現しました。

自社一貫システムALL-ingが、「エクセレントシティ」シリーズの品質・居住性・資産価値の創造の原点ということができるでしょう。

②「設計変更プラン」EXCELLENT PLANNING

「設計変更プラン」EXCELLENT PLANNING / Design Change Planは、入居者が理想とする住まいを実現するために必要な柔軟な設計変更に対応。このプランも同社の自社一貫システムの強みを活かしたもので、10年・20年先の将来を見据えて末永く愛着を持つことができる住まいづくりのための取り組みとして採用されています。

③検査体制EXCELLENT QUALITY

同社では、4段階にわたる建物検査体制を行う「検査体制EXCELLENT QUALITY / Inspection System」を実施しています。
これは、住まいづくりの各工程で社内および社外第三者検査を実施し、耐久性・快適性・資産性における品質の確認・検査・管理を行う取り組みです。特に建物構造部は専門チームによる厳密・精密な検査を行い、入居者に安心していただける品質の提供に努めています。

④アフターサービス体制EXCELLENT SUPPORT

アフターサービス体制EXCELLENT SUPPORT / After Serviceは、引き渡しからの一定期間、建物・設備の不具合に対して無償での補修を行います。同社は製販以降のアフターフォローにおいても、手厚いサービス体制でお客様の住まいと暮らしをバックアップしています。

エクセレントシリーズの管理

エクセレントシリーズの管理を主に行うのは、新日本建設(株)の関連会社(株)新日本コミュニティーです。昭和50年に(株)建設保全サービスとして設立され、平成12年に現在の(株)新日本コミュニティーに商号を変更した同社は、新日本建設(株)が建築工事を行った建物の管理を中心に事業を展開してきました。

同社の管理は、管理組合の設立・運営や建物の維持管理・修繕といった基本的な管理業務はもとより、新日本建設(株)と密接に連携して快適な住環境の維持保全を行っている点が特徴です。
関連会社という関係性もあり、マンション建築の企画・設計・施工・販売・管理に至るまで、情報の共有や連携を図りやすく、グループ一体となったマンション管理によって質の高い生活環境の創造を実現しています。

まとめ

ここまで、「エクセレント」シリーズと新日本建設(株)、同シリーズのマンション管理を行う(株)新日本コミュニティについてご紹介してきました。

ポイントは以下の通りです。

  • エクセレントシリーズを供給する新日本建設(株)は主に共同住宅やオフィスビルの建設・開発事業を展開しており、千葉市の幕張メッセ国際会議場などさまざまな建設プロジェクトに参画している
  • 1923年に創業した同社は、「自社製販一貫体制」を活かし、質の高いサービスとプロダクトを供給し続け、2021年3月期に売上高1,000億円を達成した
  • エクセレントシリーズは自社一貫システム・柔軟な設計変更プラン・検査体制・アフターサービスといった品質管理と顧客対応に注力し、2020年12月末時点で首都圏を中心に235棟・10,000戸超の分譲実績を達成している
  • エクセレントシリーズの管理を行う(株)新日本コミュニティーは、新日本建設(株)と関連会社という関係性を活かし、情報共有・連携を図ってグループ一体のマンション管理を実現し、入居者満足度の維持・向上に努めている