不動産投資を
投資家目線でアドバイス

特許取得東京23区・駅近・低価格帯

30分ごとに更新中 4000件を超える新着物件 物件一覧はこちら

知っておきたい「クレア」基本情報

クレアシリーズは、セントラル総合開発(株)が供給するマンションブランドです。同社は、総合デベロッパーとして、不動産・マンション管理・ビルサービス・保険などの事業を展開してきました。
クレア(CLARE)の5文字は、ふれあい(Communication)・笑顔(Laugh)・快適(Amenity)・寛ぎ(Relax)・楽しみ(Enjoy)の頭文字から取ったものです。この5文字には、そんな同社が抱くマンションへの夢と「永住のための生活ステージ」という理想が込められています。

この記事では、「クレア」シリーズとセントラル総合開発(株)、同グループのマンション管理部門を担うセントラルライフ(株)についてご紹介していきます。

セントラル総合開発(株)の企業情報

セントラル総合開発(株)の会社概要は以下の通りです。

商号 セントラル総合開発株式会社 CENTRAL GENERAL DEVELOPMENT CO.,LTD.
本店所在地 〒102-8125 東京都千代田区飯田橋三丁目3-7
設立 1959年11月25日
資本金 1,352,702,800円
代表者 代表取締役 田中 洋一
従業員数 88名(2021年3月31日現在)
主な事業内容 ・分譲マンションの企画・販売
・宅地の造成・分譲
・不動産仲介
・不動産賃貸
・警備業
・保険代理業務

引用セントラル総合開発(株)ホームページ

1959年に前身の泰生開発(株)としてスタートした同社は、1977年に現在の社名への商号変更を実施。
1994年からは不動産販売事業、1998年にはマンション管理事業を開始し、併せて同年に「クレア」シリーズの商標登録を行うなど、マンションデベロッパーとして着実に地歩を固めていきました。

2004年には、ビル・マンションの設備・警備及び清掃等の管理を行う連結子会社セントラルライフ(株)を設立。
2011年にはそのセントラルライフ(株)が、セントラル総合開発(株)のビル・マンション管理事業を簡易分割吸収し、マンション管理業務を事業承継しました。
現在は、セントラル総合開発グループのコンセプト「新しい価値観のデベロッパー」に基づき、消費者ニーズの多様化・複合化に柔軟に対応しながら事業を推進しています。

同社の特徴は、北海道・東北・東京・関西・中四国・九州の6箇所に支社・支店を構え、全国規模でマンション供給を行っている点です。
一口にマンションと言っても、地域の風土によって住まい方やニーズが異なりますので、各支社・支店でその地域の特性を理解した住まいづくりを行っていると言えるでしょう。

クレアシリーズとは?

クレアマンションシリーズは、セントラル総合開発(株)が展開するマンションブランドです。
同社および同シリーズの特徴は、土地の仕入れから販売、入居後のアフターフォローまでをグループ一貫で対応する体制を整えている点で、高品質な住まいおよびサービスを提供するために、グループ一丸となって対応しています。より詳しいブランドの特徴は以下の通りです。

①マーケティング・商品企画

顧客のニーズに対応するためには、十分なマーケティングリサーチの結果を踏まえた立地・土地の選定を土台として、マンション自体の商品企画を行っていく必要があります。
昨今のクレアマンションの特徴は、ターゲットの世代別ニーズに対応したマンション企画が増加している所と言えるでしょう。例えば、高齢者向け・DINKS・ファミリーといったように、入居者の想定ターゲットごとに供給する物件の面積や間取りを差異化し、ニーズへの最適化を図っています。

長年の実績から得たノウハウを活かし、徹底的な調査とプランニングをマンションづくりの第一歩と定め、注力していることが分かる事例と言えるでしょう。

②施工

上記プランニングに基づいたマンションの施工において、構造・建物・設備・仕上げ・竣工の各工程で何重もの厳しい検査を実施しています。 細心の注意を払って行われるこの品質管理の取り組みが、安心・安全な住まいづくりには欠かせません。

③分譲

マーケティング・商品企画から施工に至るまでの同社の住まいへの想いは、これを深く共有している同社販売部門によって、消費者に適切に訴求されます。併せて、マンション選びを丁寧にサポートすることで、顧客におけるクレアマンションへの愛着が育まれるようなサービス提供を行っています。

こういった住まいづくりの姿勢は高く評価されており、共同事業・戸建て分譲を含む全国での供給戸数1万7,915戸(2020年8月時点)という実績につながっています。

クレアシリーズの管理

クレアシリーズのマンション管理を主に担当するのは、セントラル総合開発グループのセントラルライフ(株)です。
同社は2004年の設立以来、マンション・ビルの管理事業を行っており、2021年3月時点で220棟、1万2,194戸の総合管理を担当しています。

セントラルライフ(株)管理実績(2021年3月時点)

総合管理 組合数 220
棟数 220
戸数 12,194
部分管理 組合数 8
棟数 15
戸数 1,904

引用一般社団法人 マンション管理業協会ホームページ

マンション管理においては、日常管理業務はもとより、入居者家族のライフステージの変化による住み替え・リフォームの提案など、マンションの「総合管理サービス」を提供しています。
末永く快適に暮らすことができる環境、そして不動産としての資産価値を維持・向上させるための取り組みに注力しています。

セントラル総合開発グループ内での連携

不動産を幅広く取り扱うセントラル総合開発グループならではのサービスとして「セントラルライフのお住み替えサポート」があります。これは、セントラルライフ(株)が管理委託を受けている物件を、同社が提携している不動産会社を通じて売却した際の仲介手数料を10%値引きするというものです。ご家族が増えた、住まいが古くなったので買い替えたいなど、ライフステージごとに住まいのニーズは変わっていきます。

当サービスは、その時々のニーズに合わせた住み替えをスムーズかつできるだけリーズナブルな価格で実現するためのものとなっています。
こういった通常のマンション管理業務だけではない「総合管理サービス」を通じて、入居者の満足度を高めるきめ細やかな取り組みに努めています。

まとめ

ここまで、「クレア」シリーズとセントラル総合開発(株)、同グループのマンション管理部門を担うセントラルライフ(株)についてご紹介してきました。ポイントを以下にまとめます。

  • クレアマンションシリーズを展開するセントラル総合開発(株)は、「新しい価値観のデベロッパー」というコンセプトに基づいて事業を展開している
  • 同社および同シリーズの特徴は、上記コンセプト実現のために、土地の仕入れから販売、入居後のアフターフォローまでをグループ一貫で対応する体制を整えていることにある
  • クレアシリーズのマンション管理を主に担当するのは、セントラル総合開発グループのセントラルライフ(株)で、マンションの「総合管理サービス」を目指したサービスを展開している
  • このマンション管理の通常業務にとどまらないきめ細やかな「総合管理サービス」を通じて、入居者の満足度を高める取り組みを推進している