不動産投資を
投資家目線でアドバイス

特許取得東京23区・駅近・低価格帯

30分ごとに更新中 4000件を超える新着物件 物件一覧はこちら

知っておきたい「クレッセント」基本情報

「クレッセント」は、(株)モリモトが供給する新築分譲マンションのブランドです。同社は、分譲マンション・戸建ての開発・販売を手掛ける不動産デベロッパーとして、東京都・神奈川県を中心に住宅を供給しています。ここでは、「クレッセント」を供給する(株)モリモトと、同物件の管理を主に担当する(株)モリモトクオリティについてご紹介していきます。

(株)モリモトの企業情報

(株)モリモトの会社概要は以下の通りです。

商号 株式会社モリモト(MORIMOTO Co.,Ltd.)
本社所在地 〒100-6314 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング14階
設立 1983年7月
資本金 100百万円
代表者 代表取締役会長兼社長 森本浩義
従業員数 181名(2020年10月1日時点)
事業内容 不動産分譲事業(分譲マンション・一戸建)、不動産サービス事業、不動産仲介事業、収益不動産開発事業

引用(株)モリモトホームページ

同社は1983年に東京都目黒区で設立。1988年からワンルームマンションの販売を開始します。
分譲マンション事業は1992年に販売を開始し、第一弾の「クレッセント尾山台」(46戸)から2018年10月末時点で、18,511戸の分譲戸数を積み重ねました。物件所在エリアの特性を踏まえつつ、生活者における価値観・住まい方の多様化に合わせた住まいの最適化を図っており、クレッセント以外にもさまざまなマンションブランドを展開しています。

その一つが、ディアナシリーズです。同ブランドは、立地・建物・デザインの上質さにこだわったもので、同社が展開するマンションブランドの中でも最上級に位置づけられています。
他にも、モダンかつ独創的で都会的な洗練されたデザイン・ライフスタイルをイメージさせる「ピアース」、都市における自然との調和と美をテーマにした「アールブラン」など、生活者のニーズ・トレンドに合わせた多様なブランドを展開しており、常に需要が高いブランドが多い印象があります。

クレッセントシリーズとは?

そんな同社が展開するマンションブランドの一つが「クレッセント」シリーズです。クレッセントとは「三日月」のことで、「やがて満ちていく月のように、住み続けるほどに暮らし心地が高まっていく」をコンセプトとしています。

優れたデザインセンスはもとより、高い居住性を兼ね備えている点も特徴です。この高い居住性は、同社の住まいづくりのこだわりである、土地の仕入れ・マーケティング・企画・開発におよぶ一貫体制を土台としています。

①土地の仕入れと企画

同社には、これまでの事業実績によって構築した土地仕入れに関する充実したネットワークがあります。
加えて、収益性も含めた付加価値の創出、消費者ニーズ・トレンドへの対応など、長年の事業展開で培われてきたマーケティングのノウハウによって、最適なマンション開発のプランニングを行っています。
土地の仕入れと企画(マーケティング)は、同社マンション開発の起点であり、その後の開発・販売の成否に直結します。

②開発

開発においては、「設計企画」の担当者が同社の住まいづくりの軸となる「ハイセンス×高品位×高品質」を形にしていきます。
仕入れた土地の地域性、住まい・暮らしのトレンドなどを勘案し、同社のコンセプトに相応しい唯一無二の「モリモトデザイン」を創造します。
また、デザイン性の高さはもとより、事業の収益性なども踏まえた高付加価値な住まいであることも求められるため、建築物全体のデザインをプロデュースする力が発揮されます。

③販売

企画・開発によって生み出された不動産物件は、同社の高い営業力・販売力によって消費者の元へ届けられます。同社の高い販売力・営業力は不動産に関する深い理解・知識にあると言えるでしょう。商品である不動産自体に加えて、立地環境や歴史、地域の未来に至るまでを徹底的にリサーチし、入居者目線で見たマンションの理解を徹底的に深めていきます。

また、不動産スペシャリスト・コンサルタントとして、税金や住宅ローンに関する専門性の高い知識を有していることもポイントです。
そういった知識に基づいた高い提案力で、顧客の質問・疑問・不安を解消していくことで、顧客の購買行動の促進を図っています。

これら①〜③の各部門がそれぞれの専門性と独自性を発揮しつつ、情報共有や意見交換を通じた連携を深めることで、同社物件の高い品質が担保されているのです。

クレッセントシリーズの管理

クレッセントシリーズの管理は、モリモトグループの(株)モリモトクオリティが主に担当しています。

総合管理 組合数 351
棟数 350
戸数 16,761
部分管理 組合数 0
棟数 0
戸数 0

(株)モリモトクオリティ管理実績(令和2年3月時点)

引用一般社団法人 マンション管理業協会ホームページ

同社が展開する主要事業は以下の通りです。

  • マンション/ビルの総合管理業(会計・出納業務、建物設備の保守・清掃等)
  • マンションの修繕業務(建物設備の診断・設計監理・修繕計画の立案・長期修繕計画)
  • マンション/ビルの賃貸管理業務

など

モリモトグループでは、(株)モリモトを中核に(株)モリモトクオリティも含めたグループ各社が連携してシナジーを創出しています。グループ各社それぞれの強み・資産・スキームを連環させ、顧客・入居者へのサービス強化を図っています。

(株)モリモトクオリティの管理の特徴

モリモトクオリティの管理における特徴は以下の2点です。

①管理員のサポート体制

同社では、管理員の教育・サポート体制の充実に注力しています。教育面では、本社に研修センターを開設し、定期的な研修を実施。同所では、管理現場に設置している設備・機器類を実装し、マンション管理・清掃、マンションの修繕に関する体験学習を実践しています。

また、管理エリアを地域ごとに分けたブロック制を採用し、管理員同士の横連携を強化した「一人にしない」サポート体制を重視。管理員同士の情報共有を促進し、迅速な顧客対応ができる体制を整備しています。

②住まいのお困りごとへの対応

専有部での設備トラブルやリフォームなどについて、対応する業者への取り次ぎを入居者に変わって代行するサービスを行っています。

対応するのは、水まわり・電気・給湯器のトラブル、リフォーム相談などのほか、家事代行サービス、エアコンクリーニングなど、住まいのトラブル・課題に幅広く網羅。また、同社管理マンションの入居者向けに生活情報誌「ON FiND」を配布・配信し、インテリア・デザインの提案から家事・防災などに関する生活情報まで、マンションでの暮らしを充実させる取り組みに力を入れています。これら入居者目線でのサービスおよびコミュニケーションを充実させることで、満足度の維持・向上に努めています。

まとめ

ここまで、「クレッセント」を供給する(株)モリモトと、同物件の管理を主に担当する(株)モリモトクオリティについてご紹介してきました。

ポイントを以下にまとめます。

  • 「クレッセント」は、(株)モリモトが供給するマンションブランド。東京都・神奈川県を中心にした供給で、2018年10月末時点で18,511戸の分譲戸数を積み重ねている
  • クレッセントの優れたデザインセンスや高い居住性は、同社の住まいづくりのこだわりである「土地の仕入れ・マーケティング・企画・開発」の一貫体制によって生み出されている
  • クレッセントシリーズの管理は、モリモトグループの(株)モリモトクオリティが主に担当
  • 同社では、管理員の教育・サポート体制の充実・住まいのお困りごとへの対応といった入居者サービスに特に力を入れ、満足度の向上に努めている