不動産投資TOKYOリスタイル

不動産投資を
投資家目線でアドバイス

特許取得東京23区・駅近・低価格帯

30分ごとに更新中 4000件を超える新着物件 物件一覧はこちら

不動産購入前に知っておきたい!「スカイコート」の基本情報

スカイコート(シリーズ)は、マンション分譲・各種賃貸業務・管理・リフォームなどを幅広く行うスカイコート株式会社が展開する単身世帯向けマンションの自社ブランドです。スカイコート株式会社は1984年に不動産業に進出し、以来、都心部を中心に累積分譲戸数34,127戸、941棟(2020年10月現在)の実績を誇ります。

この記事では、スカイコートシリーズのこれまでの供給実績・戸数、スカイコートシリーズの特徴や他ブランドと比較した強みなどについて解説します。

スカイコート株式会社企業情報

まずはスカイコートシリーズを展開するスカイコート株式会社の企業情報をご紹介します。

企業情報・沿革

スカイコート株式会社の企業情報は以下の通りです。

企業情報
設立 1969年4月5日
従業員数 100名(2019年1月末日現在)
資本金 1億円
事業内容 ワンルームマンションの分譲・販売
ファミリーマンションの分譲・販売
アパートの分譲・販売
戸建住宅・宅地の販売
海外不動産(コンドミニアム・ホテル・戸建住宅)の分譲・販売・運営
賃貸業務
不動産に関する企画・相談・事業受託
その他の不動産業務全般
企業理念 みんなの笑顔をつくる(We Make All Smile)

出典:スカイコート株式会社ホームページ

スカイコート株式会社は、1969年4月5日に車両・機械部品の販売・修理などを主な目的に横浜市神奈川区に設立された「新東商事株式会社」が前身です。

創業後は建設会社を中心に鉄の仲卸事業を営み、その中で成長するワンルームマンション事業に目をつけ、1983年11月に「スカイコート(株)」に商号変更、併せて本店を東京都新宿区への移転を足がかりに不動産業界進出を果たしました。

1987年には初のマンスリーマンション「スカイコート下高井戸」を開業、1990年には初の分譲マンション「ヴァンテアン品川」を販売するほか、ホテル事業やリノベーション事業なども展開しています。

不動産投資では、東京圏の主要な路線・人気エリアへの物件開発に注力しており、約3割を占める単身世帯向けのワンルームマンションなどを中心に展開しています。

2019年3月期の売上高はスカイコートグループ全体で180億円、スカイコート単体では157億円となり、その間、バブルの崩壊やリーマンショックなどもありましたが、競争環境の厳しい不動産業界において成長を続けています。

累積分譲941棟・34,127戸、2万人超のオーナーを有するという豊富な実績を持つスカイコート株式会社は、国内有数の「マンション経営のパイオニア」とも呼ぶべき不動産投資会社と言えるでしょう。

スカイコートシリーズについて

ここでは、スカイコート株式会社が展開するスカイコートシリーズについて解説していきます。

スカイコートシリーズ供給実績

以下の表は、首都圏主要路線沿線のスカイコートシリーズの供給実績を、供給数の多い路線順に並べたものです。

スカイコートシリーズの首都圏主要路線別供給実績(上位10路線を抜粋)

1 京浜急行線 65棟
2 JR京浜東北線・根岸線 64棟
3 JR山手線 54棟
4 東京メトロ・丸ノ内線 44棟
5 都営地下鉄・大江戸線 42棟
6 東京メトロ・東西線
JR中央線
33棟
7 京浜急行線 65棟
8 東急東横線
都営地下鉄・三田線
31棟
9 都営地下鉄・新宿線 30棟

出典:スカイコート株式会社ホームページ公開データから集計

供給実績の上位には、都内でも都心部を走る路線もしくは都心部を走る路線に乗り入れている路線が多くなっています。

不動産投資においては、都心で駅が近い人気のエリアに物件を供給することで入居者募集もしやすくなることに加え、好立地による資産価値の維持も期待できますので、同社の一貫した戦略反映された結果と言えるでしょう。

スカイコートシリーズの強み

スカイコートシリーズの強みは、物件の立地や仕様・設備もさることながら、マンション経営のシステムを構築し、販売(スカイコート株式会社)、賃貸管理(スカイコート賃貸センター株式会社)、建物管理(スカイサービス株式会社)というように、グループ会社が三位一体で強調して運営する仕組みを確立していることにあります。

中小の不動産会社や新興企業の場合は、建物管理部門が自社にないといったケースも多く、こういった仕組みを確立していることは大手・老舗の同社ならではと言えるでしょう。

スカイコート株式会社 ワンルームマンションの分譲・販売
ファミリーマンションの分譲・販売
不動産に関する企画・相談・事業委託
スカイコート賃貸センター株式会社 入居者募集・家賃回収などの入居者管理
リフォーム全般
オーナーへの家賃の送金
スカイサービス株式会社 建物・設備の保守管理
定期メンテナンス
24時間365日のサポート体制

充実の入居者・建物管理体制

グループ会社のスカイサービス株式会社は、管理物件558棟・21,510戸(2019年2月末実績)を24時間365日体制で管理しています。

入居者には、通常の巡回管理だけでなく機械監視体制を採用してメンテナンスを行っているほか、入居者専用のフリーダイヤルコールセンターを用意し、入居中のトラブルにも迅速に対応する体制を整備しています。

同じくグループ会社のスカイコート賃貸センターも入居者の審査は厳密に行っていますので、グループ全体で入居者および建物の万全な管理体制を敷いていると言えそうです。

こういった充実の管理体制によって、入居者募集の促進、入居者満足度の向上による退去防止などを実現し、高い入居率を維持しています。

実際、スカイコートの入居率は98.5%(2019年12月末実績)となっており、高い入居率を維持することで、オーナーの安定した家賃収入の確保を実現しています。

保証・保険制度の拡充で手厚いオーナーサポート

賃貸経営においては、突発的な費用負担が何かと発生するものですが、同社ではさまざまな保証サービスや保険を用意することでオーナーサポート体制の充実を図っています。

例えば、入退去時の原状回復工事費用や入居中の突発的な設備機器修理・交換などを保証する「そなエール」などがその一例です。

他にも、地震・火災保険はもとより、少子高齢化によって増加している管理物件内での孤独死によって生じた損失やコストをフォローする「孤独死保険」など、マンション経営に関連するリスクを軽減するさまざまなケアが用意されています。

まとめ

ここまで、スカイコートシリーズの供給実績・戸数、スカイコートシリーズの特徴や強みなどについて解説してきました。

ポイントは以下の通りです。

  1. スカイコートシリーズ展開するスカイコート株式会社は、1984年に不動産業に進出し、以来、都心部を中心に累積分譲 戸数34,127戸、941棟(2020年10月現在)を供給。2019年3月期の売上高はスカイコートグループ全体で180億円、スカイコート単体では157億円となっている
  2. 投資物件は、東京圏の主要な路線・人気エリアでの開発に注力しており、東京圏で3割を占める単身世帯向けのワンルームマンションを中心に展開している
  3. スカイコートシリーズの強みは、物件の立地や仕様・設備に加えて、スカイコートグループが三位一体運営している点にある
  4. 管理は24時間365日体制で対応することで、入居者満足度を高めることで、高い入居率の維持を実現している
  5. マンション経営におけるリスクヘッジでは、さまざまな保証・保険を用意し、オーナーをサポートする体制をとっている

不動産投資会社を選ぶ際は、投資目的をまず明確にし、その上で、どういった物件・エリアを選ぶかについて不動産会社の担当者に相談するという流れが一般的です。

投資目的が決まったらまずは気になる不動産会社に資料請求をしてみましょう。