不動産投資を
投資家目線でアドバイス

特許取得東京23区・駅近・低価格帯

30分ごとに更新中 4000件を超える新着物件 物件一覧はこちら

知っておきたい「ハイネス」シリーズ基本情報

ハイネスシリーズは、ハイネス恒産(株)が供給していたマンションブランドです。「ハイネス」は英語で崇高を意味する言葉で、同社オーナーの「格調ある重量感のあるマンションを供給する」という意思を反映したものとなっています。

ハイネス恒産(株)は平成8年にマンション・戸建ての分譲事業からは撤退しており、そのマンション管理はハイネス管理(株)が主に担当。そこで、この記事では「ハイネス」とハイネス恒産(株)、そしてマンション管理を主に行っているハイネス管理(株)についてご紹介していきます。

ハイネス恒産(株)の企業情報

ハイネスシリーズを展開していたハイネス恒産(株)の設立は昭和34年で、以降約40年間にわたって分譲マンション・戸建事業を展開していました。
創業当初は他社が供給するマンションの販売代理を主に行っていましたが、徐々に自社販売の比重を高めていきます。平成8年に分譲事業を撤退するまでに、首都圏・近畿圏で合わせて約1万2,000戸を供給しました。

ハイネスシリーズの管理

ハイネスシリーズの管理はハイネス管理(株)が主に管理を担当しています。ハイネス恒産(株)が分譲事業から撤退した後、ハイネス管理(株)は独立系管理会社として首都圏に所在する物件を中心に管理事業を展開してきました。
同社は、「人と人とのふれあいを何よりも大切にした管理」をポリシーとし、建物管理・賃貸管理・日常管理などを主業として事業を展開しています。

ハイネス管理(株)の企業情報

■ハイネス管理(株)会社概要

所在地 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目19番20号 ハイネス新宿2号館
代表者 代表取締役 重盛 政幸
設立 昭和43年5月20日
資本金 20,000千円
従業員 98名(社員35名・嘱託社員他63名)
主な事業内容 マンション・ビル総合管理業、不動産賃貸管理業・仲介業、リフォーム業

引用ハイネス管理(株)ホームページ

■ハイネス管理(株)分譲マンション管理実績(平成30年9月時点)

総合管理 組合数 133
棟数 139
戸数 6,585
部分管理 組合数 0
棟数 0
戸数 0

引用一般社団法人マンション管理業協会ホームページ

ハイネス管理(株)は昭和43年に(株)ハイネスコーポとして創業し、昭和58年に現在の「ハイネス管理」に商号を変更。会社設立から50周年となる平成30年には、分譲マンションの管理棟数139棟、6,585戸の実績を積み重ねるまでに成長しました。

分譲マンションのほかにも居住用賃貸住宅や事務所ビルなどを合わせると363棟、10,381戸(令和3年6月末時点)の管理を担当しており、これは長年蓄積した専門技術とノウハウが評価された結果と言えるでしょう。

ハイネス管理(株)管理の特徴

同社の管理では、物件の立地・規模といったそれぞれの特性に合わせて最適な管理プランをご提案し、適切な管理業務を遂行していくことを重視しています。
具体的な業務内容は、巡回点検業務などの日常業務、建物・設備の点検・保守といった設備管理、清掃や植栽のメンテナンスなどの環境管理などが主なものです。
こういった専門性を必要とする業務を豊富な専門知識と高い技術を持ったスタッフが対応し、入居者の多様なニーズに応えられるきめ細やかな管理サービスを提供しています。

24時間・365日稼働の「ハイネス緊急センター」を設置

入居者の緊急時対応として、24時間365日稼働している「ハイネス緊急センター」を設置し、トラブルに迅速に対応できる体制を整備しています。
管理物件の各住戸からの連絡、物件内の共用部の設備異常などをハイネス緊急センターが感知すると、警備会社・協力会社と各物件の管理室が連携する仕組みです。
専有部・共用部で何かあれば、速やかに現地出動し、必要に応じた応急処置などを施すことで入居者の安心安全を守っています。

同社内で不動産の管理・売却を完結できる体制

ハイネス管理(株)は管理業務に加えて、社内に不動産仲介部門、資産管理部門、リフォーム事業部門を構えています。そのため、入居者のライフステージの変化に応じて発生する住まいの売却・賃借・リフォーム/リノベーションにワンストップで対応することが可能です。

①不動産仲介・資産管理部門

同部門では、不動産の売却や賃借など、「資産」としての住居の適切な管理運営をコンサルティングしています。加えて、売却時には適切な価格査定結果を踏まえて迅速な売却手続きをサポート対応が可能です。

賃借の場合は、入居者の募集・管理・運営(家賃の徴収など)といった賃貸経営に関連するさまざまな手続き・雑務を物件のオーナーに代行して執り行っています。
賃貸経営の諸手続きや入居者対応は、時間と手間暇がかかる上にトラブルに巻き込まれてしまうといったリスクがありますが、同社であれば、賃貸管理業務のノウハウとスキルがあるプロにワンストップで任せることができるため、効率の良い賃貸経営の実現による安定的な収入の確保につなげることができるでしょう。

②リフォーム事業部門

リフォーム事業部門では、専有部の設備修繕といった小規模な工事から間取り変更といった大規模な工事まで幅広い対応が可能です。

建物は築年数の経過によって不具合や居住ニーズとの”ずれ”が起きるものです。同社内でワンストップで対応してもらうことで、物件の特性・立地をしっかりと把握したリフォームのプロによる適切な対応が期待できるでしょう。

いずれの事業も長年の実績・ノウハウの積み重ねがあるため、入居者の生活スタイルや将来設計に合わせた最適なプランニングを行う提案力の高さが特徴です。「住居として居住」「不動産として活用」のいずれにおいても、幅広いノウハウを活かして自社内でワンストップで対応できる点が同社の強みと言えるでしょう。

また同社は、管理体制の整備および自社内でのワンストップサービスの提供といった顧客重視の姿勢を徹底することで、入居者満足度の維持・向上に努めています。

まとめ

ここまで、ハイネスシリーズとハイネス恒産(株)およびハイネス管理(株)についてご紹介してきました。ポイントを以下にまとめます。

  • ハイネスシリーズは、ハイネス恒産(株)が供給していたマンションブランド。しかし、同社は平成8年にマンション・戸建ての分譲事業から撤退している
  • ハイネスシリーズの管理を主に担当しているのはハイネス管理(株)で、現在は独立系管理会社として首都圏に所在する物件を中心に管理事業を展開している
  • ハイネス管理(株)は昭和43年に(株)ハイネスコーポとして創業し、昭和58年に現在のハイネス管理に商号を変更。平成30年の実績で139棟、6,585戸の分譲マンション管理を担当している
  • ハイネス管理(株)は24時間/365日可動の「ハイネス緊急センター」を設置。センター・管理室・警備会社・協力会社の連携による入居者のトラブルに常時即応できる体制を整備している
  • 同社は自社内に不動産仲介部門、資産管理部門、リフォーム事業部門を構えており、入居者のライフステージの変化に応じた住まいの売却・賃借・リフォーム/リノベーションにワンストップで対応し、入居者満足度の維持・向上に努めている