不動産投資TOKYOリスタイル

不動産投資を
投資家目線でアドバイス

特許取得東京23区・駅近・低価格帯

30分ごとに更新中 4000件を超える新着物件 物件一覧はこちら

不動産購入前に知っておきたい!「フェニックスマンション」の基本情報

フェニックスマンションは、総合不動産会社の株式会社トーシンパートナーズが展開する投資用マンションブランドです。1990年にフェニックスマンションシリーズの第一弾として販売された「トーシンフェニックスマンション神楽坂」から30年間にわたって、都心部を中心に単身者向けマンションを供給し続けています。

この記事では、フェニックスマンションのこれまでの供給実績・戸数、フェニックスマンションシリーズの特徴や他ブランドと比較した強みなどについて解説します。

トーシンパートナーズ企業情報

ここでは、フェニックスマンションシリーズを展開する株式会社トーシンパートナーズの企業情報をご紹介します。

企業情報

株式会社トーシンパートナーズの企業情報は以下の通りです。

企業情報
設立 1989年
従業員数 354名
資本金 10億円
事業内容 マンションの企画・開発・販売、不動産の売買・仲介事業、不動産の賃貸事業
企業理念 共存共栄の、明日をつくる

出典:株式会社トーシンパートナーズホームページ

株式会社トーシンパートナーズは、1989年に東京都狛江市で創業しました。

創業者および初代社長は故・佐藤信哉氏で、その後2008年から現会長の吉田隆也氏が、2019年からは現社長の千代谷直之氏が引き継いでいます。

創業から30年が経過しますが、その間、東京都心を中心に全国で200棟・10,000戸超のマンションを供給しています。

近年では、もう一つのマンションブランドである「ZOOM」が2014年から7年連続(通算10棟)でグッドデザイン賞を受賞するなど、企業活動の活発化による認知の拡大が進んでいます。

財務状況

次に株式会社トーシンパートナーズの財務状況について見てみましょう。

損益計算書(単位:百万円)
決算期 2019年10月 2018年10月 2017年10月
売上高 26,724 24,079 23,186
経常利益 2,951 2,273 2,054
当期利益 1,978 1,565 1,458

出典:株式会社トーシンパートナーズホームページ

貸借対照表(単位:百万円)
決算期 2019年10月 2018年10月 2017年10月
資産合計 48,600 44,111 38,702
負債合計 32,769 30,123 25,802
純資産合計 15,830 13,987 12,900

出典:株式会社トーシンパートナーズホームページ

1989年の創業後まもなく訪れたバブル崩壊による失われた10年で、不動産投資市場は非常に厳しい状況にあったものの、創業から30年後の2019年10月期には売上高267億円規模にまで成長しています。

フェニックスマンションシリーズについて

次に株式会社トーシンパートナーズが展開するフェニックスマンションシリーズについて解説していきます。

「フェニックスマンション」ブランドの立ち上げ

フェニックスマンションシリーズは、上京してくる若年層をターゲットに単身者用マンションを供給することを目的に立ち上げられたブランドです。

都心部の好立地を厳選し、シックな外観にゆとりのある空間、ファミリータイプと同等それぞれ以上の建材・部材を採用するなど、「ステューディオマンション」という新たな価値を創出しました。

加えて、従来の不動産投資といえばキャピタルゲインを狙ったものが中心でしたが、バブル崩壊後はインカムゲイン狙いの現在の不動産投資戦略が主流となっており、戦略に先見の明があったことも成功の要因の一つと言えるでしょう。

フェニックスマンションシリーズ実績

以下の表は、都内およびその他エリアにおけるフェニックスマンションの供給実績を、供給数の多い自治体順に並べたものです。

フェニックスマンションの自治体別供給実績

杉並区 43棟
新宿区 27棟
中央区 20棟
渋谷区 15棟
練馬区 15棟
港区 11棟
豊島区 11棟
世田谷区 6棟
中野区 6棟
板橋区 6棟
目黒区 5棟
大田区 5棟
品川区 4棟
文京区 4棟
武蔵野市 4棟
千代田区 3棟
小金井市 3棟
台東区 2棟
墨田区 1棟
国分寺市 1棟
三鷹市 1棟
その他エリア 26棟
218棟

出典:株式会社トーシンパートナーズホームページ公開データから集計

供給実績の上位には、東京23区の中でも都心4区(中央区・港区・渋谷区・新宿区)が目立つ結果となっています。

都心の好立地に多くの物件を供給することが、空室リスクを低減させ、長年にわたって高い入居率を維持できる要因の一つとなっていることが分かります。

フェニックスマンションシリーズの強み

フェニックスマンションの一番の強みは、トーシングループが一体となってオーナーの資産管理・運用をサポートしてくれるTOSシステム(トーシン・オーナー・サポートシステム)にあります。

TOSシステムは、トーシングループの各社が連携し、入居者の募集・契約・更新・管理(家賃の集金)、建物のメンテナンスなどを代行する枠組みです。

トーシングループ内での棲み分けは、株式会社トーシンパートナーズが商品開発や物件販売、グループ会社の株式会社トーシンコミュニティは入居者・建物管理、株式会社トーシンライフサポートは家賃債務保証事業となっており、それぞれ連携することで安定したマンション経営をサポートしています。

入居率・滞納率の動向

以下の表は、2019年〜20年の同社管理物件における入居率と滞納率の動きを表にまとめたものです。

2019〜20年の入居率と滞納率

入居率 滞納率
2019年 99.69% 0.023%
2020年 98.27% 0.014%

出典:株式会社トーシンパートナーズホームページ公開データから集計

2019年・20年共に高い入居率を誇っていますが、比較すると、20年は19年に比べて新型コロナウイルスの感染拡大の影響で入居率が低下していることが分かります。

新型コロナウイルス感染拡大を目的に発出された緊急事態宣言前の実績(両年の1月〜3月)で比較すると、2019年の入居率が99.87%に対して2020年は99.67%で遜色ない結果となっています。

その一方で、コロナ禍における経済情勢の悪化で、全国的に家賃の滞納や未払いが増加しましたが、同社管理物件における滞納率を比較すると、滞納率は19年の0.023%に対して2020年は0.014%まで低下しており、コロナ禍においても安定的に家賃収入を確保しています。

まとめ

ここまで、フェニックスマンションのこれまでの供給実績・戸数、フェニックスマンションシリーズの特徴や他ブランドと比較した強みなどについて解説してきました。

ポイントは以下の通りです。

  1. フェニックスマンションシリーズを展開する株式会社トーシンパートナーズは、1989年の創業から30年で全国に200棟・10,000戸超のマンションを供給し、2019年10月期の売上は267億円を計上するなど、成長を続けている。
  2. フェニックスマンションシリーズは、上京してくる若年層に単身者用マンションを供給することを目的に立ち上がったブランド。都心の好立地に上質な内外装のマンションを展開し、これまでに東京都内を中心に218棟を供給
  3. フェニックスマンションの一番の強みは、トーシングループ全体でマンション経営をサポートするTOSシステムにあり、高い入居率と滞納率の低減を実現することで、安定的な家賃収入を確保している

不動産投資を検討する上でポイントになるのは、空室リスクの低減、建物の適切な管理による不動産価値の維持などを通じて、安定的な家賃収入を長期的に得ることができるかどうかにあります。

そのためには、購入するマンションの入居率や滞納率、建物の管理状況、物件所在エリアの賃貸重要や相場などを担当者に確認・相談し、納得感のある提案ができる不動産会社・担当をみつけることが重要です。

気になる不動産会社をみつけたら、まずは資料請求してみましょう。