特許取得
東京23区・駅近・低価格帯

不動産投資の種類を知ろう

不動産投資には、実に多くの種類がありますが、ここでは、一般に広く認知されている代表的なタイプについて、簡潔にご説明します。


区分所有(主にワンルームマンション)

区分所有とは、主に、ワンルームマンションを1部屋単位で購入し、貸し出す投資です。数ある不動産投資の中でも、最もオーソドックスで、認知度の高いものでしょう。販売価格は100万円~3000万円を超えるものまで、幅広くあります。

新築ワンルームマンション

新築ワンルームマンションの多くは、三大都市圏(東京・大阪・福岡)、またはその近隣エリアに建てられた物件です。区分所有と同じく、1部屋単位で購入し、貸し出す投資になります。価格帯は、東京都内では、2,600万円前後が相場ですが、立地条件や広さによっても変わってきます。

現存の不動産会社のほとんどは、新築ワンルームマンションの販売を専門にしています。購入から、その後の賃貸管理といったフォローまで、一貫して請け負ってくれますので、不動産投資・初心者の方や、購入後はできる限り、すべてを他者に任せたいという方にはおすすめです。

中古ワンルームマンション

全国各地の中古ワンルームマンションを1部屋単位で購入し、貸し出す投資です。価格帯は、物件によってもさまざまですが、100万円前後と比較的安価なタイプもあり、築年数については、最も古いもので50年近く経っているケースもあります。

賃貸専門など、一部の特殊な業態を除いては、基本的に、すべての不動産会社で、取り扱いが可能です。この場合も、新築ワンルームマンションと同じで、購入時から、その後の賃貸管理まで、一貫して行っている販売会社がある一方、そうでない会社も数多くありますので、事前のリサーチが必要になるでしょう。

また、中古ワンルームマンションは、物件の選択肢が相当な数に上るため、ある程度、“自分で、物件を選定する力”が求められます。つまり、良い物件を見極めるために、それ相当の不動産知識が不可欠ですので、新築ワンルームマンションを購入する場合に比べると、少しハードルが高くなります。普段、会社勤めをしている方であれば、休日、セミナーを通して勉強するなどの下準備が必要ですが、中古ならでは、販売価格が低く、高利回りの物件に出会える可能性が高くなるというメリットもあります。

一棟収益物件(1棟アパート・1棟マンション)

一棟収益物件は、アパート・マンションを1棟丸ごと購入し、各部屋をそれぞれ貸し出す投資です。販売価格は、1億円近く、あるいは、それ以上のものがほとんどです。

<新築>

新築の一棟収益物件は、新たな土地活用を目的として、自分が保有する土地に、新たに建設するか、すでに建設されている物件を購入するかのどちらかになります。価格は、優に1億円を超えます。ローン額が膨らむため、返済金額もおのずと増えますが、1棟となると部屋数もかなり多いので、うまく運用できれば、毎月の家賃収入は格段に増えるでしょう。

<中古>

中古の一棟収益物件の建造エリアはさまざまですが、築年数については、かなり経過している場合が多いです。価格は、物件の規模や状態によっても変動します。多くの場合、新築に比べれば、安価にはなりますが、それでも1億円近くになると、胸に留めておいてください。収支バランスの考え方は、基本的には、新築の場合と同じです。ただ、中古物件ゆえ、購入後、早くから、色々と修繕費用が掛かってくる可能性があります。ただ、一棟丸ごとフルリフォームして、モダンなイメージの外観にがらりと一変させるなど、オーナーのアイディア次第で、空室を減らしたり、高利回りを維持できるというメリットもあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

会員登録後にマイページトップから
すぐにお読みいただけます。

会員登録してダウンロード(無料)

経験豊富なコンサルタントが
投資家目線で課題をヒアリングし、
中立の観点でアドバイスを行います。

不動産投資で成功するためのアドバイスですので、お客様のご状況によっては不動産投資をあきらめていただくようおすすめする場合もございます。あらかじめご了承ください。