特許出願中不動産投資を投資家目線でアドバイス 東京23区人気エリア・駅近・低価格帯

当社は「長期的顧客主義」を実践するために投資家目線のアドバイスを行っています

検討中の方 商談中の方 物件を所有している方

中立的な相談相手がほしい方

無料相談のお申込み

不動産投資のセカンドオピニオン。一体、誰に聞けばいい?

医療業界にセカンドオピニオンがあるように、不動産業界においても、その物件情報が確かなのか、その業者がどういう会社なのかなどについて、購入に踏み切る前に、正当な判断のできる第三者に意見を求めることが必要な場合があります。

言うまでもなく、不動産投資についてまったく知識のない人に聞いても、まず意味がないのですが、驚くことに、身内や親しい友人・知人など、近しい人に相談するケースは、現実に少なくありません。

この場合、物件や業者うんぬんについてはさておき、「不動産投資をやるか、やらないか」という方向に論点がずれていくことがほとんどで、「やった方がいい」と勧める人はほとんど皆無ということが、これまでの私の経験からお伝えできます。

これは不動産運用にかぎった話ではなく、運用・投資の性質上、仮に失敗した場合には、その全てが当事者の自己責任となりますが、相談を持ちかけられた人としては、「その責任が自分にも及ぶ可能性がある」 「そのような責任は取りたくない」という心理が働くため、勧めないのです。夫や親、兄弟など、より親密な関係なら、なおさらです。

ましてやその運用先が不動産となれば、「金額が大きいから」 「騙されるから」 「そんなこと、出来ないに決まっている」といったネガティブな印象が先行してしまい、必死になって止める方もいるほど。「家族の将来を考えて、検討しているのに…」という本人の想いとは大きくすれ違ってしまい、それが原因で、離婚騒動まで起きたご家庭もあるくらいです。これでは何のアドバイスにもならないどころか、必要のない問題まで生むことになってしまいます。

時間をムダにしないために知っておくべき「強制力」と「錯覚」!?

ここで注意しておきたいのが、同じ止め方でも、大きく分けて二通りあること、そして、その止め方によっては、投資を検討していた本人の今後に、かなり影響してくるということです。

まず、ひとつめは、「絶対にやめたほうがいい」という強制力のある言われ方です。何かしら決定的な理由があり、やめることを自己判断したのではなく、自分はやりたいのに、思っていた以上に強く反対されて、「妻に言われたから、仕方がない」、「親が諭すから、渋々…」とやむを得ず断念することが多いため、納得のいっていないケースがかなり多く見られます。

この場合、タイミング良く、何かしらのきっかけさえあれば、比較的、再検討が可能になります。家族の手前、やめた風に装っていたとしても、引き続き、情報を集めたり、不動産投資について、秘かに独自で勉強する人もいます。

ふたつめは、「やめておいた方がいいのでは?」と、やめる選択肢を自分で決断したと錯覚してしまうような言われ方です。

冷静に考えれば分かることかもしれませんが、感情で結びついた親しい間柄の人からこう言われると、気づかない場合の方が多かったりします。実際には、専門的な知見に基づいた具体的なアドバイスは、何ひとつなかったのに、当の本人は、やめる理由を自分で考え、選び取ったと思い込んでいる状態です。それゆえ、「もう、十分検討したし、答えは出ているから」という思考回路に陥りがちで、その後、再検討の余地が極めて少なくなるのです。

いずれにしろ、アドバイスを求める相手を間違えた結果、遠回りをして時間をムダにしたり、意図しない方向に物事が展開しているのですが、実際にはよくあるケースです。同じ状況に陥らないためにも、ぜひ頭の片隅に置いておいていただければと思います。

お客様の抱える諸条件について的確で中立的にアドバイスできる。
それが、TOKYOリスタイルの強みです

では、不動産投資の相談や意見は、誰に求めればいいのでしょうか?

知り合いに不動産業者がいるのが理想的ですが、中々、そう都合良くいるわけでもありません。となると、次は、おのずと一般的な業者が思い浮かぶのではないかと思います。しかし、他社で検討中の方に対して、親身になって、セカンドオピニオン的なアドバイスだけを提供してくれる不動産会社は、まずないといえます。

好意的に対応してくれたとしても、「今、ご検討中の物件よりも、こちらの方がいいですよ」と類似する価格帯やエリアなどを加味したうえで、より条件の良い自社の他物件を紹介してくるのが、あり得る展開でしょう。これでは、参考にならないどころか、余計に困惑することになるかもしれません。

当サイトのいくつかの記事をご覧いただいた方は、すでにご存知かと思います。不動産投資の仕組みは至ってシンプルですが、参入する最初の段階で、「どの物件を、いくらで、どこから買うか」ということが、最も難しく、重要なのです。極端な話、それさえ間違っていなければ、如何様にも軌道修正することができる、そう言っても過言ではありません。

TOKYOリスタイルでは、あくまで投資家目線の中立的な立場から、お客様の抱えている諸条件について、的確にアドバイスさせていただきます。良くないものを良いと言っておすすめしたり、デメリットやリスクが潜んでいるのに、メリットだけに光を当ててご説明するようなことは、一切致しておりません。良いものは良い、悪いものは悪いとはっきりお伝えします。今後、安定した家賃収入を上げ続け、より良く不動産投資していくために、ご活用いただければ幸いです。

※TOKYOリスタイルについて、さらに詳しく知りたい方は、はじめての方へ ~不動産投資TOKYOリスタイルとは?~をご参考ください。

不動産投資の「プロの目利き」を数値化! 無料会員登録で収益物件の独自分析データをご提供

会員登録の3つのメリット(完全無料)

  1. 数値化した「プロの目利き」データがわかる
    収益性・安定性・リスク回避性の分析システム「MIKATA(ミカタ)イズム™」を利用できます。
  2. 非公開物件を閲覧できる
    Webサイトで公開している物件はごく一部。ネットでは探せない非公開物件情報をご紹介します。
  3. 最新の物件情報を受け取れる
    良い物件を見つけるのはスピードが命。最新の物件情報をいち早くメールでお届けします。
今なら無料プレゼント!業界歴16年間の集大成、現役不動産営業が語る、『間違いだらけの不動産投資』電子書籍(PDF)を無料ダウンロードできます。
今なら電子書籍(PDF)を無料プレゼント!

無料相談も受け付けています

不動産投資初心者の方、中立的な相談相手が欲しい方には、無料相談も受け付けています。経験豊富な不動産投資コンサルタントが投資家目線で課題をヒアリングし、中立的な観点でアドバイスを行います。

※不動産投資で成功するためのアドバイスですので、お客様の状況によっては不動産投資をあきらめていただくようおすすめする場合もございます。あらかじめご了承ください。

休日・平日の朝や夜の時間帯でも可能です。
お申込みフォームへ

気になる物件等ございましたら、弊社でもご紹介可能です。
今後の運用方法にお悩み中の方、売却や相続もお気軽にご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ 超絶!営業トークの罠 ~その2 こんな不動産営業マンに気をつけろ!~

次のページへ 言いなりのお客様にだけは、なるべからず

「プロの目利き」を数値化!無料会員登録で収益物件の独自分析データをご提供

会員登録の3つのメリット
(完全無料)

  1. 数値化した「プロの目利き」データがわかる
  2. 非公開物件を閲覧できる
  3. 最新の物件情報を受け取れる
今なら電子書籍(PDF)を無料プレゼント!

無料相談のお申込み

休日・平日の朝活時間帯・夜も開催中

投資家目線で課題をヒアリングし中立的な観点でアドバイスを行います。

お申込みフォームへ

新着の取扱い物件

23区人気エリア・駅近・低価格帯限定

ときわ台駅 徒歩4 TJ東武東上線 2,050万円 5.56%利回り この物件の詳細を見る
蔵前駅 徒歩5 A都営浅草線 2,880万円 5.13%利回り この物件の詳細を見る
江古田駅 徒歩11 SI西武池袋線 1,880万円 5.04%利回り この物件の詳細を見る

取扱い物件一覧

業界歴16年間の集大成間違いだらけの不動産投資今なら電子書籍(PDF)を無料プレゼント
プロの目利き情報を数値化』した物件データを
無料会員登録でご提供いたします。