特許取得
東京23区・駅近・低価格帯

当社は「長期的顧客主義」を実践するために投資家目線のアドバイスを行っています

中立的な相談相手がほしい方

無料相談のお申込み

不動産投資ローンの金利はどのくらい?相場を比較

執筆者:釜田晃利不動産投資コンサルタント

大学で4年間不動産について学び、老舗の投資不動産会社にて区分マンション販売の営業として10年間従事したのち、2015年にストレイトライドで不動産事業をスタートしました。取締役として経営に携わりながら、不動産投資コンサルタントとして営業活動を行っています。高校を卒業してから約15年(2018年1月現在)にわたり、不動産業界一筋で仕事に取り組み、もう不動産しか知らない、不動産のこと以外わからない、そんなキャリアになります。

不動産投資と他の投資との大きな違いは、金融機関から融資を受けて自己資金以上の投資ができるという点です。長く続く低金利の時代の中、不動産投資の活況もマスコミにより報道され、新たな不動産投資家が参入するという状況が続いています。

多くの投資家は融資を利用して物件を購入します。自己資金の範囲を超えた不動産投資を行う場合、融資先の金融機関を検討する必要があります。融資を受けるうえで、特に気になるのは「金利」でしょう。金利は不動産投資のキャッシュフローに影響を与えます。金利は金融機関によって異なり、個人の属性や購入する投資物件により変動します。
不動産投資ローンの金利相場について、各種の金融機関の比較をしていきます。

不動産投資ローン(アパートローン)とは

不動産投資ローンは投資用の物件購入にのみ利用できる融資です。アパートローンとも呼ばれます。自分が住む家を買うための融資よりも属性や物件の価値などが重視され、金融機関ごとに様々なプランが用意されています。

住宅ローンとの違い

不動産投資ローンはあくまでも投資物件を購入する目的で利用するものです。住宅ローンは、純粋な不動産投資物件には利用することはできません。自分がその投資物件の一部屋などに住む場合に限り、面積案分で利用できます。

そして、住宅ローンが固定金利であることが多いのに比べ、不動産投資ローンの約9割は変動金利です。

また、不動産投資ローンは一般に、住宅ローンよりも審査基準が厳しくなります。不動産投資は、「大家業という事業」です。そのため「事業の信頼性」が非常に重視されます。そして「事業」であるからには、その事業に耐えられるだけの経済的信用が借主個人にあるのかどうかも、重視される傾向にあります。これは、いわゆる「属性」の重視というものです。

金融機関ごとの金利相場の比較

融資を受ける金融機関の選択は多岐にわたります。「メガバンク・都市銀行」「地方銀行」「信用金庫・信用組合」「政策金融公庫」「ノンバンク系列」があり、金利や融資の審査基準も異なります。
どのような金融機関を利用するかは、不動産投資家の職業、年収、保有資産、自己資金、共同担保可能な不動産資産の有無などにより選択肢が変わってきます。その点を踏まえ、金融機関ごとの金利相場を比較していきましょう。

メガバンク・都市銀行の金利相場

一般にメガバンク・都市銀行といえば、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行の3行です。りそな銀行を加えることもあります。これらの金融機関の金利はおおむね1%前後となっており、各行とも特に大きな差はありません。有利なことは支店が全国各地にあるため、全国の広いエリアの物件が対象になること。投資家がどこに住んでいても、遠隔地の物件を購入できることなどがあります。

ただ、融資の審査基準は最も厳しいものとなります。まず、属性においては、十分な自己資金、過去3年間ほどの年収、共同担保可能な不動産投資物件などが無いと融資の審査基準を通るのは厳しくなります。また、購入物件も「築浅」「駅近」「人口集中エリア」などの条件を満たし、事業性が確実なことが求められるケースが多いです。中古のオーナーチェンジ物件であれば、「現状の利回り」「稼働率」なども重視されます。

地方銀行の金利相場

地方銀行はエリアによって、大きく性格が異なります。不動産投資に力を入れている銀行もあれば、さほど熱心でないところもあります。

金利も各行かなり幅があります。横浜銀行、八千代銀行では1%半ば〜2%前後です。ここ数年不動産投資に力をいれている静岡銀行の場合、3.3%〜3.6%です。そして長年、不動産投資を始める方が最初に選ぶ銀行として有名なスルガ銀行があります。基本的な金利は4.5%ですが、東京、名古屋、仙台では3.5%の金利が設定されています。金利は高いですが比較的長期の借入が可能で、キャッシュフローでは他行に劣らないこともあります。

ただし、不動産投資を熱心に進めている地方銀行以外は、その銀行の本店がある都道府県かその県境に住んでいること、同エリア内に購入希望の物件があることが条件になることがあります。

信用金庫・信用組合の金利相場

基本的には、地方銀行と大差はありません。金利は約2%の半ばというところが相場です。
信用金庫の中にも、西武信用金庫のように、不動産投資への融資に積極的なところもあります。金利は2.1%~2.9%程度で、購入する物件は東京都を中心に隣接する埼玉県、神奈川県エリアとなります。

日本政策金融公庫の金利相場

日本政策金融公庫は、財務省所管の金融機関です。金利は固定のみで1.2~1.9%程になっています。
日本政策金融公庫の特徴は、女性・高齢者へは優遇措置として借入上限が引き上げられ、借入期間も通常10年ところ、15年に延長可能なことです。審査基準は属性や物件よりも「事業性」を重視する傾向にあります。

日本政策金融公庫が他の金融機関と大きく異なるのは、居住地最寄りの各支店に投資を行う本人が行って交渉を行わなければいけないという点です。他の金融機関であれば、不動産投資にノウハウを持っている不動産業者が、代行して交渉を行ってくれることも可能ですが、日本政策金融公庫はあくまでも本人主体で行動する必要があります。

金利も安く、審査基準も他の金融機関にない部分をみますので、他では絶対に融資が出ないような物件でも審査が通ることがあります。支店ごとに審査基準の判断が微妙に異なるのも政策金融公庫の特徴です。

金利は引き下げ交渉することも可能

各金融機関とも、金利にはある程度の幅が設定されています。審査基準にてらし合わせ、対象となる投資家の金利をいくらにするかを決めるためです。これは、言ってみれば交渉によって金利を下げることが可能であるともいえます。

ただ、これから不動産投資を始めようという方が金融機関と直接話をして交渉するのは、知識的にも時間的にもなかなか難しいでしょう。個人で交渉するよりは、ノウハウをもった不動産業者を利用するのがお奨めです。
そもそも、物件の購入は不動産業者を介して行います。その際には、金融機関への強いパイプをもっている不動産業者を選ぶことが重要です。

独自に銀行取引のあるという方を除けば、ほとんどの投資家は信頼できる不動産業者に交渉を依頼しています。まずは、信用できる実績のある不動産業者とパートナー関係を作り、そのうえで金融機関に対し事業計画や属性をアピールするなどの交渉を行うのがよいでしょう。

不動産業者は大手だから良いというわけではありません。中小の中にも非常に豊富な実績、金融機関とのつながりを持っているところがあります。不動産会社のホームページなどを探してみるのがいいでしょう。熱心な業者は自社サイトで多数の物件を紹介しています。

固定金利と変動金利の違い

すでに文中に出てきた固定金利と変動金利について、ここであらためて意味を確認しておきます。

金利が変わらない固定金利

固定金利というのは、金利の変動がなく、融資を受けた時点の金利が返済まで続くものです。中には最初の数年間が固定で、後から変動に切り替わるタイプの物もあります。固定金利のメリットは、返済額が一定しているために事業計画が立てやすく、リスクが少ないことがあげられます。デメリットとしては、大きく金利が下がった場合、高い金利で返済を続けなければいけなくなります。ただ、現在の金利状況であればこれ以上金利が下がる可能性は低く、メリットの部分が大きな時期であるといえます。

金利が変わる変動金利

変動金利は、長期金利の変動によって金利の見直しが行われるものです。ただ、それも1.25倍ルールのセーフティネット(*)がありますので、来月からいきなり数倍になりましたというような、状況になることはほぼあり得ません。長期にわたりジリジリと金利が上昇し、返済金額が増えていく可能性は100%無いとはいえませんが、固定金利より金利が低く設定されることが多く、不動産投資の融資ではこちらが一般的です。

(*)5年ルールと1.25倍ルール:月々の返済は5年で見直されるのが一般的で、その変更の際も、前の返済額の1.25倍を超えてはいけないというルールがあります。そのため、現時点で変動金利を選ぶことが、深刻なリスクを生み出す可能性は少ないと言えます。

金利上昇リスクよる利回りへの影響

金利が変動すれば、当然月々の返済額が増えますので、当初想定した利回りで計算していたキャッシュフローは悪化する可能性はゼロではありません。しかし、金利が上がるということは、経済状況が非常にいい時期であり、地価の上昇により物件価値が上がり、売却により利益が出せる可能性あります。また、大家業を継続する場合でも、賃料の値上げなどもしやすい状況が生まれていると言えます。

まとめ

金融機関の融資を受けて行う不動産投資では、金利は非常に重要な要因となります。月々の融資返済は投資物件のキャッシュフローの計画に大きく関わってくるものです。金融機関の選定、交渉の相談は、不動産業者がパートナーになってくれます。

金利の相場について記載しましたが、実際の金利は投資家の属性や物件によって決まるので、まずは信頼できるパートナーを作りましょう。そして、そのパートナーに頼るだけではなく自身でも情報を収集していくことが、金利で失敗しない不動産投資をする重要なポイントになります。当サイトでは不動産コンサルタントの無料相談を受け付けておりますので、是非お気軽にご利用ください。

関連記事

不動産投資の「プロの目利き」を数値化! 無料会員登録で収益物件の独自分析データをご提供

会員登録の3つのメリット(完全無料)

  1. 数値化した「プロの目利き」データがわかる
    収益性・安定性・リスク回避性の分析システム「MIKATA(ミカタ)イズム™」を利用できます。
  2. 非公開物件を閲覧できる
    Webサイトで公開している物件はごく一部。ネットでは探せない非公開物件情報をご紹介します。
  3. 最新の物件情報を受け取れる
    良い物件を見つけるのはスピードが命。最新の物件情報をいち早くメールでお届けします。
今なら無料プレゼント!業界歴16年間の集大成、現役不動産営業が語る、『間違いだらけの不動産投資』電子書籍(PDF)を無料ダウンロードできます。 今なら電子書籍(PDF)を無料プレゼント!
詳しくはこちら

無料相談も受け付けています

不動産投資初心者の方、中立的な相談相手が欲しい方には、無料相談も受け付けています。経験豊富な不動産投資コンサルタントが投資家目線で課題をヒアリングし、中立的な観点でアドバイスを行います。

※不動産投資で成功するためのアドバイスですので、お客様の状況によっては不動産投資をあきらめていただくようおすすめする場合もございます。あらかじめご了承ください。

休日・平日の朝や夜の時間帯でも可能です。
お申込みフォームへ

気になる物件等ございましたら、弊社でもご紹介可能です。
今後の運用方法にお悩み中の方、売却や相続もお気軽にご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「プロの目利き」を数値化!無料会員登録で収益物件の独自分析データをご提供

会員登録の3つのメリット
(完全無料)

  1. 数値化した「プロの目利き」データがわかる
  2. 非公開物件を閲覧できる
  3. 最新の物件情報を受け取れる
今なら電子書籍(PDF)を無料プレゼント! 詳しくはこちら

無料相談のお申込み

休日・平日の朝活時間帯・夜も開催中

投資家目線で課題をヒアリングし中立的な観点でアドバイスを行います。

お申込みフォームへ