特許取得
東京23区・駅近・低価格帯

当社は「長期的顧客主義」を実践するために投資家目線のアドバイスを行っています

検討中の方 商談中の方 物件を所有している方

中立的な相談相手がほしい方

無料相談のお申込み

不動産投資で税理士は必要か?メリットや費用を説明

執筆者:釜田晃利不動産投資コンサルタント

大学で4年間不動産について学び、老舗の投資不動産会社にて区分マンション販売の営業として10年間従事したのち、2015年にストレイトライドで不動産事業をスタートしました。取締役として経営に携わりながら、不動産投資コンサルタントとして営業活動を行っています。高校を卒業してから約15年(2018年1月現在)にわたり、不動産業界一筋で仕事に取り組み、もう不動産しか知らない、不動産のこと以外わからない、そんなキャリアになります。

不動産投資では所得税や固定資産税、不動産取得税など様々な税金が発生します。家賃収入や経費などを正確に記録し、確定申告を行うのはやはり手間です。これらの作業を依頼できるのが税理士ですが、税理士に頼む必要はあるのでしょうか?

この記事では、不動産投資で税理士に依頼するメリットや費用相場、不動産投資に強い税理士を選ぶポイントについて説明します。

不動産投資で税理士に依頼するメリット

不動産投資で税理士に依頼するメリットは複数あげられますが、最大のメリットは、税金に関する適切なアドバイスを受けられる点に尽きると言えるでしょう。最近では大家業専門の税理士もいるので、活用を検討する価値はあります。

以下、税理士に依頼するメリットを説明していきます。

税金の知識を身につける必要がなくなる

不動産投資に必要な税金関連知識は多岐に渡ります。不動産経営は物件選びから空室対策、管理会社とのやりとりなど、ただでさえやるべきことがたくさんあるのに、煩雑な税務や会計の知識まで身につけるのは大変です。数字に強い人、細かい管理が得意な人なら自分でできるでしょうが、そうでない人にとっては大きなストレスを感じることでしょう。

顧問税理士がいれば、自分で税金の知識を身につける必要がなくなり、そのぶん不動産経営の他の面に集中することができます。

確定申告が楽になる

不動産投資で賃貸収入を得るようになると、確定申告が必要になります。確定申告では、家賃収入を得た日付やその金額、かかった経費やその勘定科目などを帳簿上に漏れなくまとめることになります。もちろんそれを証明する領収書の管理も必須です。

区分マンション1室などの小規模な投資や、サブリースで物件管理をすべて任せているような場合であれば、その収支はそれほど複雑にはならないので自身で行うことも可能かもしれませんが、複数物件を所有していたり、できる限り多くの費用を経費計上して節税したいと考えていたりする場合は、管理工数もかなりかかってしまいます。それだけではなく、申告漏れがあると、それが意図しなかったものであっても追徴課税の対象になるおそれがあります。

税理士に依頼すれば、収支のわかる書類や領収書を渡すことですべてまとめてもらうことができ、申告書類の作成も任せてしまうことができます。投資家は本業である不動産投資に集中しやすくなるでしょう。

【参考記事:不動産投資をすると必要になる確定申告の手順とポイント

節税になる

税理士は税務の専門家なので、節税に関する知識も持ち合わせています。不動産投資にかかった費用のうち、どこまでが経費計上できるのかについても根拠のあるアドバイスをしてもらえ、結果として節税することができます。

また、不動産投資の収支が赤字であれば、給与所得などと相殺して黒字額を減らし(損益通算)、所得税を減らすこともできます。このような方法も税理士に任せれば漏れなく行うことができます。

【参考記事:不動産投資の必要経費を正しく理解して賢く節税しよう

【参考記事:不動産所得は赤字を損益通算できる

税理士の費用相場はどのくらい?

税理士の顧問料は年間20万円~30万円が相場です。1ヵ月当たり1万円~1万5千円程度の顧問料が発生し、決算時は5万円~10万円の報酬が発生します。金額は物件数や事業規模等によって異なるので、あくまでも目安とお考えください。毎月の顧問料を支払うことで、毎月の帳簿作成、帳簿のチェック、一年に1回の確定申告を行ってもらえます。

税理士によっては、顧問料の中にサービスで、経営相談やコンサルティング業務まで引き受けてくれる事務所もあります。この金額で煩雑な税務手続きをすべて委託でき、自身で知識を身につける必要もなくなるので、不動産事業の規模感や依頼することで削減できる業務負担などを勘案し、メリットがあると思えるかどうかで依頼するかどうかを決めるのがよいでしょう。

不動産投資に強い税理士を選ぶポイント

税理士と一口に言っても、税理士ごとに強みとする分野は異なります。不動産投資に強い税理士を味方につければ心強い限りです。その選び方のポイントをご説明します。

「資産税」に詳しい税理士を選ぶ

税理士の中には「資産税務」に詳しい税理士がいます。顧客の持っている不動産、預金、株式など資産全般の運用に関する管理、アドバイスをしてくれます。まさに不動産投資を依頼するのにぴったりです。

知人に紹介してもらう

税理士などの士業は、知人の紹介で顧問になってもらうというケースが多いです。不動産投資の仲間や、不動産会社の紹介等を活用することで、信頼のおける税理士と巡り会うことができるでしょう。特に知人からの紹介の場合、評判や仕事ぶりを事前に確認することができますから、安心感もあります。

自身でも不動産投資を行っている

自分で不動産投資を行っている税理士も少なくありません。こういった方であれば専門家としての観点に加え、投資家としての体験も踏まえた実践的な税務アドバイスを受けられることが期待できます。

ただし、これは補足的なポイントです。自身で不動産投資を行っている税理士しか信頼できないわけではありません。会社経営をしていなくても優秀な経営コンサルタントがたくさんいるのと同じ理屈です。あくまでもプラスアルファの観点とご理解ください。

まとめ

不動産投資で税理士に依頼すると、税務知識を身につけたり会計処理をしたりする時間を節約でき、より効果的な節税を行うことができます。資産税に詳しい税理士を味方につければ百人力です。もちろん費用がかかることですので、支払う費用と得られるメリットを見比べ、依頼するかどうか検討されるのがよいでしょう。

関連記事

不動産投資の「プロの目利き」を数値化! 無料会員登録で収益物件の独自分析データをご提供

会員登録の3つのメリット(完全無料)

  1. 数値化した「プロの目利き」データがわかる
    収益性・安定性・リスク回避性の分析システム「MIKATA(ミカタ)イズム™」を利用できます。
  2. 非公開物件を閲覧できる
    Webサイトで公開している物件はごく一部。ネットでは探せない非公開物件情報をご紹介します。
  3. 最新の物件情報を受け取れる
    良い物件を見つけるのはスピードが命。最新の物件情報をいち早くメールでお届けします。
今なら無料プレゼント!業界歴16年間の集大成、現役不動産営業が語る、『間違いだらけの不動産投資』電子書籍(PDF)を無料ダウンロードできます。
今なら電子書籍(PDF)を無料プレゼント!

無料相談も受け付けています

不動産投資初心者の方、中立的な相談相手が欲しい方には、無料相談も受け付けています。経験豊富な不動産投資コンサルタントが投資家目線で課題をヒアリングし、中立的な観点でアドバイスを行います。

※不動産投資で成功するためのアドバイスですので、お客様の状況によっては不動産投資をあきらめていただくようおすすめする場合もございます。あらかじめご了承ください。

休日・平日の朝や夜の時間帯でも可能です。
お申込みフォームへ

気になる物件等ございましたら、弊社でもご紹介可能です。
今後の運用方法にお悩み中の方、売却や相続もお気軽にご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ サブリースとは?契約のメリットや問題点をご説明

次のページへ ばれると終わり!?住宅ローンで不動産投資は危険すぎる

「プロの目利き」を数値化!無料会員登録で収益物件の独自分析データをご提供

会員登録の3つのメリット
(完全無料)

  1. 数値化した「プロの目利き」データがわかる
  2. 非公開物件を閲覧できる
  3. 最新の物件情報を受け取れる
今なら電子書籍(PDF)を無料プレゼント!

無料相談のお申込み

休日・平日の朝活時間帯・夜も開催中

投資家目線で課題をヒアリングし中立的な観点でアドバイスを行います。

お申込みフォームへ